和のトレンドをつたえるウェブマガジン

和風通信

布に色をつける方法のひとつ。

染料を注いで染めることから、注染(ちゅうせん)と言われる。 
染料は布の染めている側の反対にまで達し、布の芯まで染まる。裏表なく柄が鮮やかで色褪せしにくいことが特徴。

<和風ワード>

本染め手拭の出来るまで―注染に息づく匠の技
関東注染工業組合
関東注染工業協同組合
2005-12

内容(amazon.co.jpより)
布の両面を同時に染めることができる、明治後期に発明された日本独自の染め方「注染」。その世界でも類を見ない独特の技法について、型紙や材料・道具、手順や実技まで、豊富な写真で解りやすく解説する。

↑このページのトップヘ