和のトレンドをつたえるウェブマガジン

和風通信

カテゴリ:和風ニュース > 着物

japaran

着物帯×JAPANデニム ランドセルカバー

 

Japaran(ジャパラン/神奈川県横浜市)というブランドは、使われなくなった着物帯をリサイクルし、MOTTAINAI(もったいない)をコンセプトに立ち上げられたエコサイクルブランドだ。

日本の伝統的織物、西陣織の帯をエコサイクルして作った「西陣クラッチ~Nishijin Clutch~」や、 不要になったランドセルと着物の帯をミックスし商品化した大人向けランドセル「Japaran」を制作、 販売している。

日本製にこだわるJaparanの職人が一つ一つ手作りで作る鞄は、世界に一つだけの商品だ。

そのジャパランがあらたに開発した商品が、着物帯×JAPANデニム ランドセルカバーだ。アンティークの着物帯とJAPANデニムをミックスした小学生向けのランドセルカバーだ。

 

japaran

 

最近は個性をいかしたランドセルが流行しているなか、小学生は6年間同じデザインを使い続けることに飽き、高学年になるにつれランドセル離れも増加しているという。

家族の思い入れも深く、また高額なランドセルを6年間しっかりと使っていけるものとして考えられた新商品だ。

高価で上質なランドセルに引けをとらず、素材にもこだわっているという。そして、全てが世界に一つの1点物なので、誰とも同じ柄にならない、自分だけのオリジナルランドセルに生まれ変わる。

女の子用、 男の子用それぞれ2種類のデザインが用意されている。

 

Japaran出展情報

 

2016/7/1(金)~10(日)ラフォーレ原宿ポップアップストア

2016/7/23(土)・(日) HandMade In Japan Fes 2016 (東京ビッグサイト)

2016/9/17(土)~19(月祝) きものサローネin日本橋 (日本橋三井ホールCOREDO室町1 4・5階)

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークにて更新しております。通知が多いとお感じになりましたらトークルームでの通知をオフにしてください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

EIZI

 

和文館株式会社(滋賀県彦根市)は、いままで男性用袴を1分で着ることが出来る商品の開発に成功、6月末から全国で発売する。

 

冠婚葬祭はもちろん、普段でも気軽に袴を着てくつろげるとしている。商品の特徴、着方の順序は以下の通り。

 

1 Tシャツスタイルの下着を着る

2 その上に上衣を着る、わきを作務衣の紐のように結ぶ

3 袴を履く、袴ベルトをワンタッチで留める

4 ベルトを前に回して完成

 

EIZI

 

袴のわきには携帯、財布を入れるポケットがあり、男性用のズボンと同じようにトイレで楽なファスナーも前についている。クリーニングも可能。

 

価格:フルセット 128,000円〜380,000円(税別) 袴だけ 58,000円~(税別)

 

EIZI

 

縦書き表記も際立つ和文館のブランド「EIZI」のサイト

 

和文館株式会社

http://eizi.jp/

 

和文館和装学院

http://www.wabunkan.jp/

 

■関連書籍

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しておりますのでお気軽にフォローください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

theyard

 

来年創業100周年を迎える大正6年創業の きもの専門店 株式会社やまと(東京都渋谷区) は、「THE YARD(ザ・ヤード)」第3号店を2016年7月1日(金) グランドオープンする「仙台パルコ2」2階にオープンする。

 

theyard

 

「THE YARD」は“白シャツのように着る 新しい日常をつくるきもの”をテーマに、新ブランドとして、2015年11月、東京・渋谷に誕生した。

 

現代のライフスタイルやカルチャーに溶け込む新しい「きもの文化」を目指し、日本だからこそ実現できる着物の伝統と魅力を大切にしながら、きものの世界に新しい風を吹き込む。

 

今回オープンとなる7月は、 ゆかたの季節。THE YARD仙台店では、 2016ゆかた&夏きものコレクションを中心に展開。ありそうでなかったシンプルでシックな夏の装いを提案する。モダンな価値観に寄り添い、新しいきもののあり方に挑戦しているという。

 

反物、帯、履物、帯留などきもの一式はもちろんのこと、バッグ、ヘアアクセサリー、傘、など和装に必要な全アイテムを取り揃える。また反物は、ジェンダーレスに着られるきものを用意。スタイリング&バイイング・ディレクションに広告やCM、雑誌『& Premium』『GINZA』などで活躍するスタイリスト井伊百合子を迎え、Hender Scheme(エンダースキーマ)やminä perhonen(ミナ ペルホネン)、 SIRI SIRI(シリ シリ)、THE YARD仙台には、 COMME des GARÇONS(コム・デ・ギャルソン) のwallet もセレクトしているという。

 

「THE YARD」は現代の和装のニュースタンダードとは何かを考え、 新しいきもののカタチを切り開いていくという。注目したい。

 

宮城県仙台市青葉区中央3-7-5 仙台パルコ2 2階
店舗面積: 25.2坪
www.the-yard.jp

 

■関連書籍

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しておりますのでお気軽にフォローください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

資生堂

 

今年のゆかたコレクションも出揃い、いよいよ着て出かける季節…といきたいところだが、なかなか女性のみんなには悩みもある、という調査結果が株式会社資生堂(東京都中央区)から発表された。

「資生堂 ゆかたアンケート調査(20~30 代女性) 2016年」によれば、ファッションとして楽しむ和装を着る機会は増えていて、市場が伸びている。

ゆかたに限らず、和装(呉服)全体の市場としては、2015年は前年比98.2%の2,805億円(小売金額ベース)で、2016年は前年比100.9%の2,830億円と予測されている(株式会社矢野経済研究所)。消費税増税等の影響があったものの、着物で女子会を開催するなどの取り組みが活発化していて、ファッションとして“着て”楽しむ消費者層も増えたことから、今後も市場は拡大を見込んでいる。

 

資生堂

 

日本人女性のゆかた実態はどうか。20~30代の女性を対象にした資生堂の調査によると、昨年(2015年)ゆかたを1回以上着た女性は、約27%。しかし、9割以上の女性が、機会があれば、ゆかたを着て出掛けたいと考えていることがわかった。

ゆかたを着る際の悩みとしては、「ゆかたに合うメークがうまくできない」「ゆかたに合う髪型のスタイリングができない」といったビューティーに関するものがある。そして、「ゆかたと帯をうまくコーディネートできない」という、ゆかたファッションに関する悩みが上位にあがった。

今年ならではのゆかたの着こなしのポイントと、和装のヘア&メークを得意とする資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト 鎌田由美子による、今年ゆかたを着るなら取り入れたい「ゆかたメーク」のトレンドテクニックと、自分でも挑戦できる「ゆかたヘア」のポイントとは…。

 

ゆかたヘア&メーク2016紹介

 

「ゆかたヘア&メーク2016」を、資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト 鎌田由美子が紹介する。

 

鎌田由美子

 

「古典的なゆかたが人気の今年は“レトロ”を鍵と捉え、「昭和レトロ」「昭和クラシック」「大正ロマン」といったテイストを取り入れて、ゆかたファッションに合うおすすめのメークを2パターンご紹介します。一つは、トレンドカラーのブルーを取り入れた涼しげな目もとが“レトロポップ”なアイメーク、もう一つは、赤いルージュがポイントの“レトロロマンティック”なリップメークです。さらに、ちょっとアレンジするだけで、がらりと印象が変わるヘアスタイリングテクニックをご紹介します。」

 

1.トレンドのブルーで“レトロポップ”な涼しげブルーアイズ

 

資生堂

 

ブルーやグリーンのアイシャドーを、太目のアイライン風にワンポイント入れて、ゆかたファッションにアクセントを加える。

A ブルーのアイシャドーを細いチップに取り、目尻をポイントにまぶた1/3のところからすっと引き上げるように描く。そして、

B ゴールドのアイシャドーを下まつげの根もとに軽く入れ、瞳にきらめきを与える。マスカラは、軽やかにつけ、ブルーのアイカラーを引き立てる。

 

資生堂

 

C このアイメークには肌の色になじむ軽やかなルージュがおすすめ。唇の全体にルージュを直接つけたあと、中央部分にだけグロスをつけてつやをプラスする。

D チークは、レッド系で頬の高めの位置につややかに入れると、イキイキとした雰囲気になる。

 

2.赤を軽やかにキメる“レトロロマンティック”なふんわり赤リップ

 

資生堂

「洋服とは違い特別感のあるゆかたには、今年は赤色のルージュをトレンドのテクニックで取り入れるのがおすすめです。普段なかなか赤色を選ばない方にも、特別感のある和装のときには挑戦しやすく、ぐっと気分も高まります。赤いルージュを、夏場に軽やかに演出するためのテクニックをご紹介します。」

 

A 唇の中央から全体にルージュを直接つける。

B 何もつけていないリップブラシで輪郭線をなぞってぼかす。

 

資生堂

 

C 唇の中央部分に再度口紅を重ねると、ふんわりとした輪郭で立体感のある軽やかな仕上がりに。赤色のルージュは、肌の色も明るく見せ、肌の透明感を引き立てる。

目もとには肌なじみの良いピンクのクリームアイシャドーをまぶた全体に広げると優しく明るい印象。ボリュームタイプのマスカラでまつ毛を際立たせ、印象的な目もとに仕上げる。チークは、ピンク系を頬の中央から頬骨に向かって高めにふんわりと入れ、ロマンティックな印象にする。

 

3.おすすめヘアスタイルと簡単アレンジテクニック

~まとめ髪のポイントはシルエット演出! バランスが重要!~


shiseido

 

髪のべース作り

髪を3つの束に分けゴムで結び、それぞれをツイストして毛先をピンで留める、自分でできる基本のまとめ髪。

ゴムを結ぶ位置がポイント。中央の束だけ、さらに2つに分けてツイストする。ツイストしながら、毛束を少しずつ引き抜くことで、ボリュームと軽やかさを演出する。左右のツイストを交差させるようにして、ピンで留める。

 

簡単アレンジテクニック

基本の結ぶ位置は一緒でも、左右のツイストを交差させる際、真ん中の束の下側で交差させるか、上側で交差させるかの違いで、シルエットと印象が大きく変化する。

 

ネープ

 

ネープポイント

ネープ(襟足)にポイントを置くと、大人っぽく、ロマンティックな印象になる。前髪はセンターパート(真ん中分け)で、短い前髪をカールし、60年代のような雰囲気でレトロ感を演出。トップポイントボリュームを上部に変えると、より元気でフレッシュな印象になる。フェースラインもすっきりとし、背も高く見える。カチューシャ型バングをつければ、さらにキュートなイメージに。髪かざりも変えて、個性的なゆかた美人を演出出来る。

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しておりますのでお気軽にフォローください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

夏のイベントでも多くの人が着用するようになった和装、浴衣。和風通信では先日きもの専門店「やまと」のコレクションを紹介した。

 

和風ニュース
イメージキャラクターは広瀬すず「やまと」の浴衣コレクションはモダン柄も充実
http://wafutsushin.com/news/2016/06/08/hirosesuzu

 

そんななか、きもの専門店ではないラフォーレ原宿(東京都渋谷区)から、新しい提案が始まる。2016年7月1日(金)~7月20日(水)の期間、コンテナとエントランススペースを全ブースジャックした大規模な浴衣の集合催事を開催する。浴衣をテーマにしたコンテナジャックは初めて。

期間中は、毎年恒例の「月影屋」を始め、合計10店舗が登場。型にとらわれることなく、自分らしい着こなしを楽しめる浴衣や、洋服にも合わせることのできる雑貨を提案する。更に、2016年7月9日(土)には、オリジナルノベルティプレゼントや巨大折り鶴にまたがっての写真撮影会など各店ごとにオリジナルイベントが開催される。

 

参加ブランド

月影屋 (ツキカゲヤ)

ド派手で江戸前な浴衣の和装ブランド「月影屋」がエントランススペースに登場。染めは日本橋の老舗による伝統工芸「注染」、仕立ては「手縫い」という職人の技術に裏づけされたクオリティと、色気のある世界がひろがる。今年の新作浴衣は"絵文字の浴衣"、"リボンの浴衣"、"ねこちゃんの浴衣"など気になるタイトルのものばかり。

出展期間

2016年7月1日(金) から 2016年7月20日(水) まで

場所

1F entrance space

 

月影屋
絵文字の浴衣・紺 51,416円(税抜)
秋葉原の半巾帯 53,047円(税抜)

 

参加ブランド
ろっこや Summer Shop (ロッコヤ サマー ショップ)

「ろっこや」はモダンと伝統を融合させたデザインが人気の着物ブランド。価格設定も低めにし、浴衣のみならず下駄や小物などの商品を揃えている。

http://roccoya.com/

出展期間

2016年7月1日(金) から 2016年7月20日(水) まで 

場所

2F CONTAINER

 

ろっこや
東レセオアルファ リブレ 55,000円(税抜)

 

参加ブランド
iroca times CHOKO (イロカ タイムス チョコ)

昨夏に続き2回目の出店となる「iroca times CHOKO」は、新しい時代の着物を表現し続ける2ブランド「iroca」と「CHOKO」が融合し、新しい色を生み出すリミテッドショップだ。今年のショップテーマは「揺れ動く色彩、切り取られた生」で、強い色を放つデザインやモチーフ、そして1枚の布の上に切り取られた様々な「生」を表現している。

出展期間

2016年7月1日(金) から 2016年7月20日(水) まで

場所

2F CONTAINER

 

イロカ
iroca 浴衣「カメレオン」 37,000円(税抜)

 

参加ブランド
豆千代モダン (マメチヨモダン)

「豆千代モダン」は、「着物がふたたび日常着となる場所」をコンセプトに、現代の風景や着る人の気分にぴったりとはまるモダンな着物を発信する。オーナーの豆千代は、着物アーティスト・スタイリストとしてTVや演劇など幅広い分野で活躍中で、現在はオランダ在住で国内外へ着物をPRしている。

豆千代
浴衣「パラソル」 35,000円(税抜)

 

出展期間
2016年7月1日(金) から7月20日(水)まで 
場所
2F CONTAINER

 

参加ブランド
櫻メゾン×MiZU-AME (サクラメゾン×ミズアメ)  
"JAPANESE可愛い"を提案する「櫻メゾン」と"キモノをおしゃれにカジュアルに"を提案する「MiZU-AME」が、共同で夏限定のショップをオープン。
小物作家のアイテムも多数並び、トータルコーディネートが楽しめる。
櫻メゾン
アトリエNOBU レース半幅帯・帯留 ¥4,000~¥14,000(税抜)

 

出展期間
2016年7月1日(金) から7月10日(日)まで  
場所
2F CONTAINER 

参加ブランド
Japaran(ジャパラン)  
「Japaran」は"MOTTAINAI(もったいない)"の考え方から生まれたエコサイクルブランドだ。使われなくなった日本の伝統織物の着物帯をリユースし、一つ一つ丁寧に手作り、世界に一つだけの鞄を取り扱う。"帯は着物を着るためのアイテム"という先入観を取り払い、帯の持つ織物技術の美しさと繊細さを生かした和と洋を融合したデザインは、フォーマル、カジュアル、和装など様々なスタイルで楽しめる。
 
ラフォーレ
西陣クラッチ ¥28,000(税抜)

出展期間
2016年7月1日(金) から7月10日(日)まで  
場所
2F CONTAINER 


参加ブランド
あそ美や (アソビヤ)  
「あそ美や」は、折り鶴をはじめとする日本古来のものに少しだけ遊びごころを加えた新しい形をつくり、新しい和と驚きを楽しむブランド。世界に通じる折り鶴の華やかな姿をもっと見直して楽しむために、身につける折り鶴である織り鶴シリーズを展開している。
あそ美や
2016年7月9日(土)限定 店頭で乗れる金の巨大折り鶴登場(撮影可)

 

出展期間
2016年7月1日(金) から7月10日(日)まで  
場所
2F CONTAINER 

参加ブランド
モダン着物小物 梅屋 (モダンキモノコモノ ウメヤ) 
「梅屋」は自分らしく、自由に、おしゃれに着物を楽しむためのショップ。職人とのコラボで製作したオリジナル商品は、本物の作りでありながらモダンなデザインで、日本の手仕事や職人技を、今に生きるファッションとして楽しめる。アイテムは浴衣や夏着物、帯のほか、下駄やバッグなどトータルに展開している。

 

梅屋
 セオ・アルファプレタ浴衣「夜の水族館」 40,000円(税抜)

 

出展期間
2016年7月11日(月)から7月20日(水)まで 
場所
2F CONTAINER


参加ブランド
Zaaka Vincent (ザーカ ビンセント)  
「Zaaka Vincent」はアート、カルチャー、ジェネレーションをリミックスする独自のスタイルを持ったグラフィカルな小物アクセサリーブランド。東京とパリを拠点とし、日本では今回が初出店。今までウェブでしか見られなかった商品や新作が一堂に並ぶ。

ラフォーレ着物
ポップジャポン フォーハーツ 6,880円(税抜)

 

出展期間
2016年7月11日(月)から7月20日(水)まで  
場所
2F CONTAINER


参加ブランド
GETA SETTA JAPAN (ゲタ セッタ ジャパン)  
日本の伝統文様と草履に着想を得て生まれた新しいビーチサンダル「GETA SETTA JAPAN」は、天然ゴムの吸い付くような優しい履き心地と長時間履いても疲れにくいふわふわとした鼻緒が特徴だ。ビーチサンダルなので和装に限らないところも魅力。
 
geta setta japan

GSG-01 EDAUME/下駄 ¥5,200(税抜)

 

出展期間
2016年7月11日(月)から7月20日(水)まで  
場所
2F CONTAINER 

 

■関連書籍
内容紹介(amazon.co.jpより)
この一冊でゆかたデビューは完璧! 選び方、着付けの流れ、帯結びの種類など、初めてでもよくわかる! コマ送り写真でていねいに解説するので一人で着られる、可愛く結べる! 着崩れ対策からお手入れ方法& しまい方まで図説でまるわかり!

 


内容紹介(amazon.co.jpより)
夏のくつろぎ着としてお勧めのじんべい、お祭りや花火大会などのお出掛け着として定着しているゆかたを大人から子どもまで各々に合ったサイズで作れるように手ほどきします。子どものじんべいは90~140cmの6サイズ(90cmサイズは100cmサイズを肩揚げ等で調整)、メンズはM、Lの2サイズ展開で実物大型紙付き。ゆかたは100cmサイズの子どもから、女物と男物の大人まで対応。それぞれの縫い方とゆかたは着つけと帯結びまではもちろん、じんべいやゆかたを作るときにあると便利な用具の紹介も写真とイラストでしています。

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しておりますのでお気軽にフォローください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

↑このページのトップヘ