和のトレンドをつたえるウェブマガジン

和風通信

カテゴリ:和風ニュース >

2016-09-07_010132000_F05D7_iOS



台風がいくつかすぎると、まもなく季節は秋に…。

鍋や焼き物など、人が集まるときに盛り上がりそうな新しいお酒が登場し、話題になっている。

しそ焼酎「鍛高譚(たんたかたん)」といえば、発売から2017年で25年となる人気ブランド。原料は赤しそで、北海道白糠町の特産の赤しそを仕様している。

2016年9月6日に全国発売となった「鍛高譚R」は「レア、リッチ、ルビー」という「R」を強調したリキュールだ。

赤しその栽培期間中は農薬不使用で栽培されているといい、通常の「鍛高譚」の赤しそ使用量の5倍の赤しそが使われている。

意外なことにこのルビー色は着色料を使っていない。天然の赤しそをふんだんに使うことで発色している。

梅酒などで感じる「クエン酸」では酸味が強いということで、ドライな味わいを出す「フィチン酸」を使用している。





2016-09-07_010125000_B90C7_iOS


「鍛高譚R」にはスパークリングもラインナップされている。

食卓映えしそうなしそのリキュールで、秋の集まりが盛り上がりそうだ。



鍛高譚R 720ml 980円(税別)
鍛高譚Rスパークリング 275ml 298円(税別)


http://www.oenon.jp/tantakatan/


 

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークにて更新しております。通知が多いとお感じになりましたらトークルームでの通知をオフにしてください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

一風堂

 

株式会社力の源カンパニー(福岡市中央区)が運営する「一風堂」は、ラーメンだけでなく、日本酒と酒がすすむつまみを立ち呑みスタイルでも楽しめる「一風堂スタンド」を2016年7月15日(金)浜松町(東京都港区)にオープンする。

 

博多で人気の住吉酒販がセレクトした酒と、今年95周年を迎える福岡の豆腐店「豆藤(まめふじ)」の厚揚げや丸天などのつまみを揃え、ちょっとつまんで気軽に飲んで、ラーメンで締めくくる一風堂スタイルを浜松町から広めたいとしている。

 

ラーメンだけでなく、空間や出会いも楽しんでほしい

 

立ち呑みスペースを導入したきっかけは、2015年に一風堂ニューヨークから帰任した島津智明(36)の想いだったそう。

2008年のオープンから責任者として現地で暮らしてきた島津は、海外に出て日本の食と文化の豊かさを再認識し、日本酒のおいしさと奥深さに魅了された一人。もともと日本で角打ち(立ち呑み)をこよなく愛していた島津は、ニューヨークの店舗のウェイティングバーでオリジナルのカクテルの提供や、日本酒がすすむつまみの開発、そこから始まる人とのつながりをニューヨーカーたちに広めてきた。

2015年の一風堂創業30周年を前に日本に帰任し、日本の一風堂の強化に乗り出した島津は「日本らしさ」の還流の一環として、浜松町店にラーメンだけでなく、日本酒と立ち呑みスペースの導入を決定。一風堂の中でもユニークな空間や、隣合わせた客同士の出会いも楽しめるようにしている。

 

一風堂

 

「モダンとクラシックの法則」で日本酒を楽しむ「一風堂スタンド」

 

 

日本酒選びに「モダンとクラシックの法則」の新基準を提唱する福岡市の「博多住吉酒販本店」が協力し、「松の司(滋賀)」、「東一(佐賀)」、「新政(秋田)」、「美田(福岡)」の個性異なる4種を一杯(90cc)500円(税込)で提供。酒を盛り立てるつまみには、福岡県八女市で創業し、今年95年を迎える豆腐店「豆藤」の豆腐や練りものに加え、「オリーブとピクルスの味噌漬け」や「ピリ辛きゅうり」など、浜松町店だけの味わいを取り揃えた。

 

一風堂 浜松町店 概要

開業:2016年7月15日(金) 場所:東京都港区浜松町1-27-6 マストライフ大門・浜松町1階 営業時間:月~木曜日および祝日11:00~23:00、金・土・祝前日11:00~翌2:00 定休日:日曜日 予約:不可 席数:31

 

■関連書籍

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークにて更新しております。通知が多いとお感じになりましたらトークルームでの通知をオフにしてください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

帰省やホームパーティーで多くの人が集う機会が多い夏に、いろいろなメニューを少しずつみんなで食べられる、とする「夏おせち」「NATSU O SECHI」が発表された。

これはイオンリテール株式会社(千葉県千葉市)が、帰省やホームパーティーなど多くの人が集う機会が多い夏こそ、さまざまなメニューをちょこちょこみんなで食べられる"夏おせち"を「NATSU O SECHI」と題して登場させるもの。

2016年6月24日(金)から本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」381店舗で予約が出来る。

盆の帰省に合わせた2016年8月13日(土)~15日(月)に店頭で渡される。

まっしろな重に詰められたおせちは6種類。

そのなかの1つ「家族のタパス」は、季節の食材やさっぱりとしたメニューなど29品目を寄せた涼やかな"夏おせち"だ。

 

夏おせち

家族のタパス(10,000円、税込10,800円)

 

「NATSU O SECHI」

予約期間:2016年6月24日(金)~7月31日(日)

店頭渡し日:2016年8月13日(土)~15日(月)

※商品・予約方法によって店頭渡し期間が異なる。

http://gift.aeonsquare.net/natsuosechi/


◼︎関連書籍

笠原 将弘
主婦と生活社
2013-11-15

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しておりますのでお気軽にフォローください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

須永辰緒

 

DJの須永辰緒といえば、酒と音楽の結びつきの印象が強い。テレビ番組「酒場放浪記」の企画では出演している詩人・吉田類の番組エンディング曲のプロデュース役をつとめている。

 
酒場放浪記 サウンド・トラック
TVサントラ
SPACE SHOWER MUSIC
2013-11-13



そして今度は和食店のBGM選曲を担当だ。東京レストランツファクトリー株式会社(東京都目黒区)が運営する和食店「ぬる燗 佐藤」で、DJ須永辰緒は同ブランドのサウンドディレクターをする。銀座にオープン予定の新店舗の店内BGM選曲を行うと共に、ジャズレーベル「ブルーノートレコード」とともに、日本酒をたしなむ時間を演出するコンピレーションCDアルバム「酒ジャズ」を発売する。


酒ジャズ~ぬる燗 佐藤xブルーノート
オムニバス
ユニバーサル ミュージック
2016-07-06




ぬる燗 佐藤とは
全国の酒蔵から取り寄せた常時150種類の日本酒を、銘柄別に11段階に分けた温度で、日本酒に合う料理と共に提供する。

コンピレーションCD 概要
タイトル:『酒ジャズ』~ぬる燗 佐藤 x ブルーノート~
アーティスト:Various Artists (選曲:須永辰緒)
発売:2016年7月6日
価格:2,000円税抜 / 2,160円税込
発売元:ユニバーサルミュージック
UCCU-1523



 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しておりますのでお気軽にフォローください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

イオン日本酒

 

イオン株式会社(千葉県千葉市)は、同社だからこそ作れるおいしい日本酒、というコンセプトにこだわり、 イオン農場で作った米を原料に、イオンリカーが企画した日本酒をイオンで販売するという「イオン日本酒プロジェクト」を進めている。最新の企画は、さけ武蔵純米大吟醸という銘柄を2016年6月9日に本州・四国の「イオン」「イオンリカー」92店舗で発売するというものだ。

「イオン日本酒プロジェクト」は、 ALL AEONだからできる安全・安心の地域のおいしさを利用者に届けたいという日本酒バイヤーとイオン農場のスタッフの想いから始まった。原料調達から酒造り、販売までの一貫した流れをグループ一体となってALL AEONで構築している。

イオン日本酒

イオン埼玉羽生農場での酒米の田植え

 

第1弾は、イオン埼玉羽生農場で育てた埼玉県のご当地酒米“さけ武蔵”を原料に、イオンリカーが直取引する有名蔵元に醸造委託した「宝寿(ほうじゅ)さけ武蔵 純米大吟醸」「天吹(あまぶき)さけ武蔵 純米大吟醸」の新酒“初しぼり”として2016年3月に発売した。2種類合計1800本を販売し、しぼりたてのフレッシュな味わいが利用者から好評だったという。

 

第2弾となる今回は、この2種類の日本酒をさらに熟成させ、米の旨みと甘味のある純米大吟醸に仕上げ、食中酒として最適なものに仕上げている。父の日ギフトおすすめ商品として、2種類合計2400本の限定で販売する。

また、来シーズンの醸造に向けて、今年も2016年6月9日にイオン埼玉羽生農場にて酒米「さけ武蔵」の田植えを行う。

 

販売概要
・商品名:
「宝寿 さけ武蔵 純米大吟醸」(藤井酒造)限定1200本
「天吹 さけ武蔵 純米大吟醸」(天吹酒造)限定1200本
・発売日:2016年6月9日(木) ※店舗によって展開日が異なる
・展開店舗:本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」「イオンリカー」92店舗
・価格:1980円(税込2138円)
・規格:720ml

 

■関連書籍
日本酒テイスティング (日経プレミアシリーズ)
北原 康行
日本経済新聞出版社
2016-03-09

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しております)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

↑このページのトップヘ