nishikigoi
希望小売価格:5,000円(税別)




新潟県新潟市にある沼垂(ぬったり)地区は、水資源が豊富で、発酵・醸造に適した立地だ。そんなことから醸造蔵が集積し発酵・醸造のまちと呼ばれている。

古くから沼垂地区で味噌を造り続けて来た峰村醸造、酒を造り続けて来た今代司(いまよつかさ)酒造、そして甘酒をプロモートする古町糀製造所が、江戸・明治・大正時代から残る土蔵をつくり変え、発酵・醸造を五感で楽しめる店舗に生まれ変わらせた。

各企業では、これら「味噌蔵・酒蔵・甘酒店」を歩いて巡る観光地「沼垂醸す地区」と命名し、アピールしている。

その新潟「沼垂(ぬったり) 醸す地区」の酒蔵・今代司酒造株式会社(新潟市中央区)は、新しい日本酒の銘柄「錦鯉 NISHIKIGOI」を発売した。


今代司酒造



なお、今代司酒造によれば、日本酒メーカーとしてこの「錦鯉」という言葉には特別の思いがあるそうだ。

過去、まだ日本酒が樽で出荷されていた時代、酒蔵は酒を酒屋に売る時に水で薄めて出荷し、酒屋も消費者に売る時さらに水で薄めていたという。世間では、金魚が泳げるほどに水で薄められた酒という揶揄が込められた「金魚酒」という言葉があった。

そんな時代でも、今代司酒造は薄めることなく出荷していたため、酒屋さんから大変喜ばれたという話があるそうだ。今代司は「金魚酒」ならず 威風堂々たる「錦鯉」という言葉も過去かけられたという。

こいのぼりの季節、そんな気概に思いをはせながら楽しみたい。


■和風通信が選ぶ関連商品
サードウェーブコーヒーから絶大な支持を受けている、いまや世界のハリオ。
日本酒「錦鯉」のおともに…?