イオン日本酒

 

イオン株式会社(千葉県千葉市)は、同社だからこそ作れるおいしい日本酒、というコンセプトにこだわり、 イオン農場で作った米を原料に、イオンリカーが企画した日本酒をイオンで販売するという「イオン日本酒プロジェクト」を進めている。最新の企画は、さけ武蔵純米大吟醸という銘柄を2016年6月9日に本州・四国の「イオン」「イオンリカー」92店舗で発売するというものだ。

「イオン日本酒プロジェクト」は、 ALL AEONだからできる安全・安心の地域のおいしさを利用者に届けたいという日本酒バイヤーとイオン農場のスタッフの想いから始まった。原料調達から酒造り、販売までの一貫した流れをグループ一体となってALL AEONで構築している。

イオン日本酒

イオン埼玉羽生農場での酒米の田植え

 

第1弾は、イオン埼玉羽生農場で育てた埼玉県のご当地酒米“さけ武蔵”を原料に、イオンリカーが直取引する有名蔵元に醸造委託した「宝寿(ほうじゅ)さけ武蔵 純米大吟醸」「天吹(あまぶき)さけ武蔵 純米大吟醸」の新酒“初しぼり”として2016年3月に発売した。2種類合計1800本を販売し、しぼりたてのフレッシュな味わいが利用者から好評だったという。

 

第2弾となる今回は、この2種類の日本酒をさらに熟成させ、米の旨みと甘味のある純米大吟醸に仕上げ、食中酒として最適なものに仕上げている。父の日ギフトおすすめ商品として、2種類合計2400本の限定で販売する。

また、来シーズンの醸造に向けて、今年も2016年6月9日にイオン埼玉羽生農場にて酒米「さけ武蔵」の田植えを行う。

 

販売概要
・商品名:
「宝寿 さけ武蔵 純米大吟醸」(藤井酒造)限定1200本
「天吹 さけ武蔵 純米大吟醸」(天吹酒造)限定1200本
・発売日:2016年6月9日(木) ※店舗によって展開日が異なる
・展開店舗:本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」「イオンリカー」92店舗
・価格:1980円(税込2138円)
・規格:720ml

 

■関連書籍
日本酒テイスティング (日経プレミアシリーズ)
北原 康行
日本経済新聞出版社
2016-03-09

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しております)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数