後藤由香子


岐阜県の節句人形工芸士、後藤由香子は、アクセサリーとしても楽しめる装飾品を使ったひな人形など、現代にアートとして楽しめる人形を提案している。2008年にはフィレンツェの世界遺産、ヴェッキオ宮殿に節句人形作品を展示し、以降国内で個展を毎年開催している。


後藤由香子
フィレンツェでの様子


2016年に横浜人形の家で行われた「ひなまつり展」では「GOTHIC」という作品を発表しツイッターで話題になる。9000人以上の来場者がひと目見たいと集まったそうだ。そして、ひなまつりの新しいかたちを作る工芸士として、テレビでも紹介される存在になっている。



後藤由香子
ミニゴシック (30万円 税別)


そんな後藤の提案する新しいひな人形が、rooms Ji-Ba(ルームス ジーバ)で展示、販売されている。新しさを表現しながら、伝統を感じさせ、素材もこだわった人形をじかに見られる。2016年 節句人形コンクール 最高賞受賞作品をはじめ、黒をベースにした衣装の「ミニゴシック」、 装飾されているジュエリーを身に着けて楽しむことができるひな人形を東京で初めて本格的に見ることが出来る。


春色のこころ
「春色のこころ」(26万円 税別)


春色のこころ
「春色のこころ」で実際に人間が見つけられるジュエリー




伝統にこだわりすぎることなく、「ゴシック」など現代の女性が気になるキーワードとジュエリーをちりばめ、後藤の提案するひな人形が渋谷で輝いている。岐阜県から人形の伝統の風が渋谷に届いている。人形の未来を感じてみたい。



rooms Ji-Ba(ルームス ジーバ) 
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ ShinQs 2F
販売期間 :2016年12月10日~2017年3月3日 
公式オンラインショップでは、2016年12月15日から販売開始 

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しておりますのでお気軽にフォローください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数