和のトレンドをつたえるウェブマガジン

和風通信

タグ:きき酒

福山亜弥1
女優きき酒師 福山亜弥と福光屋 福光太一郎

 

女優きき酒師 福山亜弥は、蔵元と話したりしながら利き酒を楽しめるイベント「ほっこりきき酒会」を定期的に東京で実施している。

和風通信でも過去福山に「人気の日本酒、読者の女子がはじめて飲むなら?」という質問をして多くの反響があった。

和風ニュース過去記事

女優きき酒師 福山亜弥に聞く「女子はじめての日本酒」

http://wafutsushin.com/news/2016/05/14/fukuyamaaya

 

その福山が実施している「ほっこりきき酒会」の69回目になる開催が2016年9月30日(金)、パリに本店をもつカフェ「ドゥマゴパリ」(東京都渋谷区)であった。

 

福山亜弥
ドゥマゴパリ。利き酒とドゥマゴパリの食事の組み合わせも楽しい。

 

69回目の「ほっこりきき酒会」は1625年に創業した石川県金沢市の蔵元、福光屋の日本酒を味わうというもの。

 

福光屋
福光屋(石川県金沢市)の代表銘柄「加賀鳶」が並ぶ

 

このイベント、7000円の会費(第69回の参加費用)を支払って予約するものだが、50名前後の参加者で予約がすぐ埋まるそうだ。20代女性から50代男性まで、幅広い参加者層をひきつけるのは女優きき酒師福山亜弥のキャラクターのなせる技だろう。参加者は福山に気軽に飲み方や合わせるべき食材などについてたずねることも出来、一緒に写真を撮ったりしている。福山は参加者の各テーブルを一升瓶を持って回ることで、会場の熱気を高めている。

 

福山亜弥利き酒会
女性の参加者が多いのも福山の利き酒会の特徴

 

福山亜弥
福山が自ら瓶を持って参加者のテーブルを回る

 

蔵元と直接話し、女優きき酒師福山とおしゃべりしながらきき酒を楽しむ…。
次回の開催も決定している。
いよいよ気温も下がってきたなか、次回はタイミングよく燗酒の特集とか。


ほっこり、ゆるゆる、あったか燗酒
第70回福山亜弥ほっこりきき酒会
~ 一生に一本のお酒にめぐり合うための会 ~
木戸泉×ビストロW四谷

2016年11月19日(土)
12:00~14:30
酒蔵:木戸泉(木戸泉酒造株式会社)
ゲスト:木戸泉酒造株式会社社長 荘司勇人
会費:7000円
会場:ビストロW四谷 2階

女優きき酒師 福山亜弥ブログに詳細が記載されている。
http://ameblo.jp/aya-fukuyama/entry-12210218908.html

 

Amazon.co.jpより関連商品


Amazon.co.jpより商品説明

ドラゴンクエスト30周年記念ロゴの入った記念限定日本酒。 スライムをデザインしたオリジナル木升も付いてきます。 化粧箱にはロトの紋章、ロトの剣をあしらい ロトカラーであるブルーの化粧箱付き。 老舗酒造金沢福光屋がお送りする 純米大吟醸酒を楽しめる贅沢な一品です。 ドラクエ30周年限定日本酒スライム木升付き。

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークにて更新しております。通知が多いとお感じになりましたらトークルームでの通知をオフにしてください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

福山亜弥

 

女優きき酒師の福山亜弥は、芸能事務所に所属する女優であり、日本酒の楽しさを伝えるイベントを数多く開催する伝道師でもある。

 

福山亜弥

 

あるときは福山の朗読をききながら日本酒を飲む会、夏の夜などは怪談をまじえた会も催している。また、2012年に和風通信が福山の案内で取材したのは、行楽地である台場(東京都江東区)の文化施設でのイベント。日本酒の蔵元とつまみに最適な缶詰の各メーカーの社員が並んでプレゼンテーションを行っていた。会場には20代女性も多数集い、きき酒師としてあこがれの福山と会話を楽しみながら日本酒の世界に酔いしれていた。

 

福山亜弥

 

そんな福山が、2016年5月21日(土)に、試飲しながら日本酒の基本が学べる講座を開くという。6日間開催されているデパート催事のなかでの講座だ。会場には日本各地から50蔵が集結した蔵元ブースがあり、目利き酒屋コーナーにも注目。

 

一本義本店

 

催事に登場する酒のなかでは、福井県の一本義久保本店から「一本義 山田錦 純米大吟醸 うすにごり(720ml)」というものなどがある。

 

そんな福山に、和風通信が「女子が初めて飲むなら、どんな酒がよいか」をたずねると…

福山亜弥

発泡日本酒はもちろんのこと、無濾過生酒がフルーティで飲みやすいです。洋食やイタリアン、フレンチにも合います。

銘柄は新政、風の森、獺祭、また日本酒の酒粕で作った焼酎・七田等飲みやすくて初心者にもオススメです。

お店で飲み比べセットがあればいろいろ少しずつ味わえるのでオススメ! お水(和らぎ水)もたくさん飲みましょう。

 

という貴重なアドバイスがあった。

 

Amazon.co.jpで入手出来る日本酒を見てみると…





 

見ているだけで楽しい気分になるパッケージや瓶のブランドが多い。福山のこれからの日本酒についての発信にも注目だ。

 

第2回タカシマヤ日本酒祭

「試飲しながら学べる! 福山亜弥さんの日本酒基本講座」

2016年5月21日(土)17:00

場所:高島屋大阪店7階催会場

先着20名

※当日10:00から会場で整理券が配布される

https://www.takashimaya.co.jp/osaka/event/

 

女優きき酒師 福山亜弥ブログ「ぴょんぴょん小町」

http://ameblo.jp/aya-fukuyama/

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

続きを読む

main





お花見シーズンのピークを迎え、花見に欠かせないお酒の調査結果が発表された。


株式会社クロス・マーケティング(東京都新宿区)は、 一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に在住する20歳~69歳の男女を対象に「飲酒・日本酒に関する調査」を実施した。


男女別に見た「最も好きなお酒」では、男性が39.4%、 女性が27.2%でそれぞれ「ビール」がトップとなった。 男性は「焼酎」(11.2%)、 「日本酒」(9.8%)と続き、 女性は「ワイン」(17.2%)、 「サワー、 酎ハイ」(13.4%)と続き、 ビール以下の好みが分かれた。


注目は「日本酒」だ。


日本酒の飲用率では、 「日本酒を飲む」が56.8%、 「日本酒は飲まない」が43.2%でやや日本酒飲用者の方が多い。 「飲んでみたいと思う」と回答した人を性年代別にみると、 20代女性の「飲んでみたいと思う」割合が40.4%と高く、日本酒に興味を持つ層はひろがっていることがわかる。



日本酒 和風通信


「日本酒を飲んでみたいと思う」(株式会社クロス・マーケティング調べ)




輸送環境などの劇的な進化で、全国の日本酒が鮮度の良い状態で飲めるようになっている。


会社をたたんでしまったり、売上が急減している蔵元の話などを取材できくたびにさびしい気分になるが、すこし未来が見えてきたようだ。



■和風通信が選ぶ関連書籍



↑このページのトップヘ