椿山荘





ホタルは夏に飛ぶイメージがあるが、東京では初夏の風物詩として毎年5月中旬から6月末頃にかけて蛍の飛翔が観測出来る。 


ホテル椿山荘東京(東京都文京区)は、 蛍の飛翔前の行動としての「上陸」を、2016年4月7日に目視で確認した。2016年も5月中旬頃から、蛍の飛翔が一般客にも楽しめそうだという。



椿山荘



なお、 幼虫が陸に上がってから初飛翔までの日数は、 日々の気温が関係しているのではないかという仮説があり、ホテル椿山荘東京では、2016年もこの仮説を検証する観測を行う。


 
この仮説は「500度説」と言われる。



同ホテルでは、ホタルの初飛翔について2010年から「500度説」という仮説を検証する観測を行っている。ゲンジボタルの幼虫は水生で、幼虫が陸に上がるのは桜(ソメイヨシノ)が散る時期の4月の雨の夜が多い。その翌日から「1日の平均気温」を積算(加算)していき、500度に達した時にホタルの初飛翔が観測できるという説だ。



なお検証を始めた2010年から2012年までは、 ほぼ「500度説」通りに初飛翔を観測。しかし、 2013年は温度計の故障により欠測。 2014年は前日積算温度が521度になった5月18日に初飛翔を観測し概ね実証成功。2015年は626度になった5月16日に初飛翔を観測し、 大きく500度を外す結果となった。果たして、 500度説の真偽はいかに。 



椿山荘





積算温度は同ホテルのウェブサイトやSNSで随時更新する。 







■和風通信の記事更新はSNSでもお知らせしています





友だち追加数



■和風通信が選ぶ関連書籍