和のトレンドをつたえるウェブマガジン

和風通信

タグ:ワークショップ

muji





Open MUJI Tokyo(東京都千代田区/無印良品有楽町)では、2016年4月8日(金)~2016年5月29日(日)の期間、 「『日本の布ができるまで』展」を開催する。

 

毎日の暮らしに欠かせない布。 日本では縄文時代にはじまった。



普及とともに日本独自の着物文化が発達し、織りや染め、意匠など産地ごとの特徴や、個々の職人技で布文化は花開く。古くは天然素材を用い、現在では多様な化学繊維が開発され、用途も表現も広がって、今では世界中から日本の布に注目が集まる。



一方、生産の現場では、国際的な価格競争や後継者の問題等、布づくりを取り巻く現実は厳しいものとなっている。


 
日本の布は、その多様な産地や種類、性質、その構造や仕組みなどについてあまり知られていない。 


 
同展では、一枚一枚の布に秘められた物語をひもとき、その魅力の源泉を紹介する。日本の布づくりに携わる人たちと来場者をつなぎ、未来に続くものづくり、感じのよい暮らしを一緒に考える。 職人やその道具から見えてくる、日本のものづくりが紹介される。 


関連イベント

トークイベント「日本の布・時代を超えた伝統」 
 
無印良品ファブリックスのデザインアドバイザーである須藤玲子を招き、2012年より日本各地の染織産地を巡り出会った布づくりにまつわるトークイベント「日本の布・時代を超えた伝統」を開催する。
 
開催日
2016年4月15日(金) 開催時間:19:00~20:30(受付は開始の30分前から)

定員
60名  

参加費
無料(要事前予約)

登壇者
須藤玲子(テキスタイルデザイナー)
伊東史子(デザインマネジメント)


須藤玲子(テキスタイルデザイナー) 

茨城県石岡市生まれ。 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科デキスタイル研究室助手を経て、 株式会社「布」の設立に参加。 現在取締役デザインディレクター。 東京造形大学教授。 毎日デザイン賞、 ロスコー賞,JID部門賞他、 受賞。 英国UCA芸術大学より名誉修士号授与。 日本の伝統的な染織技術から現代の先端技術までを駆使し、 新しいデキスタイルづくりをおこなう。 作品はニューヨーク近代美術館、 メトロポリタン美術館、 ボストン美術館、 ビクトリア&アルバート美術館、 東京国立近代美術館工芸館他、 多くの美術館に収蔵されている。 

伊東史子(デザインマネジメント) 

上智大学文学部社会学科卒業。 東京大学大学院情報学環修士課程修了。 出版社編集部勤務後、 クラマタデザイン事務所、 イタリア、 ソットサス アソシエイツ日本代理人を勤め、 渡伊。 彫金専門学校を卒業し、 フィレンツェでジュエリー職人として活動。 帰国後、 パークス(デザインマネジメント)を設立。 またジュエリー製作を行う(鮎桃: http://www.ayumomo.paxlux.net )著書に『フィレンツェでジュエリー職人になる』(世界文化社)翻訳書『ジャスパー・モリソンのデザイン』(ADP出版)



■ワークショップ「ハギレでつくる鯉のぼり」 

「日本の布ができるまで」連動企画「Found MUJI日本の布2」でつくられた布のハギレと、 無印良品の寝装カバーのハギレを使って、 オリジナルの鯉のぼりをつくるワークショップを開催する。様々な種類のハギレから、好きな柄と色を選び、パッチワークの鯉のぼりをつくる。親子で楽しめそうだ。
 
開催日
2016年4月17日(日)

開催時間
11:00~12:00
13:00~14:00
15:00~16:00 (受付は開始の15分前から)

定員
各回8名  

参加費
無料(要事前予約)

登壇者
伊藤文(株式会社 布)

 



■トークイベント「布がうまれる現場」 

同企画で紹介される染織産地の中からつくり手を招き、
布づくりにまつわるトークイベント「布がうまれる現場」を開催する。
 
開催日
2016年5月11日(水)

開催時間
19:00~20:30(受付は開始の30分前から)

定員:60名  
参加費:無料(要事前予約)

開催場所:無印良品 有楽町 2F Open MUJI Tokyo

詳しくはOpen MUJI Tokyo公式サイトをご覧ください。 
Open MUJI Tokyo公式Webサイト 
 

基本情報
 
会場
無印良品 有楽町 2F Open MUJI Tokyo
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 無印良品 有楽町2F

会期
2016年4月8日(金)- 5月29日(日)(全51日間)

開場時間
10:00-21:00(入場無料)

問い合わせ


■和風通信が選ぶ関連書籍



●内容紹介(amazon.co.jpより)

★おうちにある無印良品で今すぐマネできる! 365日、「すっきり」が続く部屋のつくり方

話題の「ミニマリスト」生活は、子供がいても、片づけが苦手でも実現できます! 強い味方が、無印良品のインテリアや雑貨、洋服たち。大人気ブロガーやまさんが教える、人生が変わり、家族が変わる32のルールが1冊に! 

---------------------------------------------------
【捨てて、捨てて、捨てて……それでも残ったのが無印良品でした】
インテリア大好き! 雑貨大好き! だった著者のやまさんは、「北欧系」「ナチュラル可愛い系」など、部屋のテイストをころころ変えていました。無印良品の「底力」に気づいたのは、今から3年ほど前。今の家に引っ越すタイミングで、家具や雑貨を大量に捨てたときのことです。捨てて、捨てて、捨てて……部屋を整理し終わったとき、部屋に残ったモノが無印良品ばかり。長年友達だと思っていた異性が実は「運命の人だった」と気づいた瞬間でした。

【ミニマリストの部屋づくり、収納、クローゼットを徹底解剖! 】
本書では、大人気ブロガーやまさんが「無印良品」とともに実践するミニマリスト生活のコツを、徹底解剖しています。
「部屋が散らかっていて、どこから手をつけていいかわからない」
「ミニマリストって独裁者っぽい……家族に実践してもらうのは大変そう」
「服にお金をかけられない。少ない服でおしゃれになるコツは?」
などの悩みを持つ方でも、今すぐマネできる内容が満載です。

【ミニマリストが選ぶ「無印良品」ベスト10も発表! 】
さらに、ミニマリストが厳選した本当にすごい無印良品ベスト10も掲載。
3位 歯みがき
2位 重なるラタン長方形バスケット
そして1位は……?
買いすぎず、捨てすぎず。ミニマリスト流のモノ選びのコツをお伝えします。
---------------------------------------------------

★目次
Chapter1 「無印良品」と、ミニマリスト生活をはじめよう
Chapter2 今ある「無印良品」と暮らす ミニマリストの部屋づくり
Chapter3 「無印良品」フル活用! ミニマリストの収納ルール
Chapter4 「無印良品」で着まわすミニマリストのクローゼット
Chapter5 なぜ「これ」を選ぶのか? ミニマリストのモノ選び



ohinasama_web-7






春の訪れを楽しみながら、ひな人形に絵付けをする…



手作り品のセレクトショップである「縷縷(るる)」 (運営会社:株式会社ルルウェブ 東京都港区)は、胡粉を塗った白い張り子に、筆で好きな絵柄を書く、張り子の絵付けワークショップを開く。
 
手の平にのるサイズ(5.5cm×6.5cm×2cm)で、場所を選ばず気軽に飾ることが出来る。手作り、クラフトといった流行のなか、自分の手で絵付けしたひな人形で節句を祝う傾向が進むかもしれない。
 
 
縷縷では、手作りしたひな人形を、誕生祝いや小さな子供がいる人への贈り物にするという提案もしている。

実習の後には、講師で張り子職人の前田ビバリーを囲んでのティータイム(約20分)も予定されているという。ケーキセットとともに独自の世界を持つ前田ビバリーの話を楽しみたい。


前田ビバリーについての
和風通信過去記事
11月の風物詩・熊手作り「前田ビバリー」に女子殺到
http://wafutsushin.com/news/2015/11/06/maedabeverly



前田ビバリー


講師
前田ビバリー(張り子職人)
1988年 長崎県生まれ。
2008年 大分県立芸術文化短期大学美術専攻 修了。
2009年 映像制作会社退社後、郷土玩具職人を志す。
2011年 張り子作家荒井良氏に師事。
2012年 学んだ張り子の技法で、地元長崎の廃絶郷土玩具復元。
     芸術集団『画賊』としても活動を始める。
2013年 長崎くんち奉納記念品を製作。
2014年 藁に興味を持ちはじめ、オリジナルの熊手やしめ縄制作をはじめる。
     張り子の技法と胡粉盛り上げ彩色による御殿玩具の犬筥制作をはじめる。

開催日
2016年2月23日(火)

時間
14:00〜16:00
   
参加定員
6名

参加費
3,500円(ケーキセット付き) 

持ち物・服装
タオル、絵付けしやすい格好

場所
カフェビストロ RANDY
東京都港区六本木1-3-37 ARKHILLS ANNEX 

問い合わせ先
縷縷 LuLu
http://luluweb.com/ 
info@luluweb.com
(先着順での受付のため、記事掲載時に満員となっている場合がある)




 

↑このページのトップヘ