和のトレンドをつたえるウェブマガジン

和風通信

タグ:写真

古賀絵里子
展示に合わせて在廊していた古賀と夫、そして長女の音寧(会場にて)

 

写真家・古賀絵里子の新作展が開かれている。

エモン・フォトギャラリー(東京都港区)で、2016年10月21日から11月26日まで、写真家・古賀絵里子の新作展「Tryadhvan」(トリャドヴァン)が開催されている。

古賀は福岡市出身で、上智大学文学部フランス文学科を卒業後、フリーランスの写真家として活動している。僧侶である夫との出会い後、京都で生活をして作品を制作している。

和風通信でも過去紹介した記事があり、このときは高野山をテーマとした写真集の発刊についてのもの。

 

古賀絵里子、開創1200年 高野山の写真集発売(2015年4月2日掲載)
http://wafutsushin.com/news/2015/03/11/kogaeriko.html

 

古賀は今回の「Tryadhvan」(トリャドヴァン)作品にて、2015年の京都国際写真祭サテライト「KG+AWARD」でグランプリを受賞。同作品は京都国際写真祭KYOTIGRAPHIE2016のオフィシャルプログラムとしてプロデュースされた。京都の長江家住宅で行われたエキシビションを東京で再現する企画がエモン・フォトギャラリーで開催されているのだ。赤々舎出版の新作写真集「TRYADHVAN」6.480円(税込)も同時発売されている。

 

古賀絵里子
「Tryadhvan」より

 

古賀絵里子
古賀の夫が長女のために作曲し演奏している曲が流れる

 

「Tryadhvan」(トリャドヴァン)は、2015年から16年にかけて自身が宿した新たな生命を軸に家族との繋がりを写した最新作。サンスクリット語の仏教用語で、過去世・現在世・未来世を指す《三世(さんぜ)》を表し、途切れることなく因果によって結ばれるものごと、その教えをコンセプトにしている。

あらたな人生を共にする僧侶・夫との出会い、そしてほどなく授る子、また寺に起こった心に映る数々のシーンを、古賀は抑制を利かせた眼差しで次々と記録している。

 

古賀絵里子

 

京都比叡山を臨む寺院特有の空気、そして夫婦の絆や母としての横顔。日記を綴るように撮影された写真はモノクロームの渾身作だ。

写真構成は、フランス国立造形芸術センターのキュレーター、パスカル・ボースが務め、京都国際写真祭KYOTOGRAPHIEの協力によって実現されている。

 

和風通信で古賀に今回の作品についてたずねてみた。

 

「生」という印象がとても強い展示だ。いっぽうで昔の風景の写真も同居している。会場で感じてほしい想いなどは?

また、京都に活動を移してすぐの京都での受賞となる。高野山のときもそうであったように、活動拠点の人々の文化にとけこみつつも古賀絵里子の世界を提示する魅力がとても高いと感じる。これから写真を初めてみようかな、という和風通信読者にメッセージは?

 

古賀 今回は私自身の妊娠、出産というどこにも行く事が難しい状況下で、自分の内面や日々の暮らしを見つめ撮影した作品です。ここから何処かへ行かなくても、身の回りにも撮るべきものは潜んでいる事を学びました。

 

古賀絵里子「Tryadhvan」写真展

2016年10月21日(金)〜11月26日(土)

東京都港区南麻布5-11-12 togo Bldg.,B1

エモン・フォトギャラリー

http://www.emoninc.com/

月曜〜金曜 11:00~19:00 / 土曜 11:00~18:00 / 日曜・祝日 休み

 

 

その他の古賀の作品(amazon.co.jpより)

 

一山
古賀絵里子
赤々舎
2015-03-18

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークにて更新しております。通知が多いとお感じになりましたらトークルームでの通知をオフにしてください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

samurai armor photo studio

 

日本の戦国時代、防具や装備としていた甲冑(かっちゅう)は、歴史ずきの人たちや外国人旅行者をひきつけてやまない。

その甲冑7種類のなかから好きなものを選び、全5ポーズ約15カット撮影出来るというスタジオが渋谷にオープンする。

 

samurai armor photo studio

 

スタジオは「Samurai Armor Photo Studio(サムライ・アーマー・フォトスタジオ)」と言い、2016年5月9日から営業が始まる。

運営会社の株式会社仲よし(東京都渋谷区)は、歴史好きの日本人や外国人旅行客に向けて、本格的な戦国時代体験の一環として甲冑姿を写真として残してほしいとしている。ウェディングフォトやプロフィール写真としての撮影も歓迎とのこと。

 

samurai armor photo studio

 

戦国時代当時に武将が着ていた小袖・裁着袴(たっつけばかま)、鎧と兜を専門の着付け師が着付けを担当する。利用者は画像データをSDカードに収めたものを受け取れる。

 

samurai armor photo studio

 

Samurai Armor Photo Studio(サムライ・アーマー・フォトスタジオ)

東京都渋谷区円山町5-6 キングビル7F

 

samurai armor photo studio

 

サービス

全7種の甲冑から好みのものを選び、店内のセットを背景に基本の全5ポーズ15カットを撮影、SDカードに収めたデータが渡される

料金

スタンダード(真田・黒田・伊達・赤・黒・黒田子ども用) 13,000円(税込)

デラックスモデル(豊臣) 40,000円(税込)

所要時間:約1時間30分 (着つけ、撮影、着替え)

営業時間:午前10時~午後9時 (最終受付:午後8時)

定休日:年中無休

予約・申し込み http://samurai.bz/

問い合わせ info@samurai.bz

 

samurai armor photo studio

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(おおよそ夜23時に更新しています)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(だいたい夕方18:30にタイムラインでお知らせしてます)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

1404



写真家の古賀絵里子が、デビュー作「浅草善哉」に引き続き、新たな写真集を発売中。古賀は、BS-TBS「おんな酒場放浪記」でレギュラー案内人をつとめたこともあり、自らも出演する仕事の多い人気女性写真家だ。

写真集のタイトルは「一山 -Issan-」(定価4,000円 税別)。





今年で開創1200年目を迎える高野山。古賀は2009年に初めて高野山を訪れた。聖域であるとともに、そこに暮らす人々にも強く惹かれた。それから古賀は2013年まで高野山へ通いながら撮影を続けた。

一山」の本文は欧文にも対応しており、より多くの人が楽しめる内容。

題字は大嶌文彦によるもの。また、通常版の表紙は、さくら(桜色)、ゆき(白)、うすずみ(グレー)の3色展開だ。なお、特装版(定価30,000円<税別> 限定50部)は、染織家が高野槙で染めた絹地を表紙に、中には紙漉き師による高野紙を使用、さらには木工作家による特別な木箱に入っている。


issan3HP


そして、写真集「一山」を記念した写真展が東京と京都で開催される。
京都の会場になっている総本山妙満寺は、俳諧の祖・松永貞徳作の「雪の庭」や、「安珍・清姫の鐘」で知られる洛北の寺院。古賀が昨年結婚した夫である僧侶は、今回ピアノ演奏で参加するという。

和風通信読者へのメッセージとして古賀からは

「「一山」は、高野山を舞台に、写真を通じ対象と自分とまっすぐに向き合った作品です。写真展や写真集を通して、皆さまとお会いできますことを心から願っております。」とのことだ。



さまざまな企画が続く。古賀の世界を満喫したい。



「一山 -Issan-」出版記念展 (東京)

会場:エモンフォトギャラリー
東京都港区南麻布5-11-12 togoBldg.,B1
会期:2015年4月1日(水)~4月10日(金)
時間:11:00~19:00/ 土曜 18:00まで、日曜休
入場無料


■作家在廊予定
2015年4月3日(金) (16:00まで)


ギャラリーにて「一山」写真集の販売、「一山」ポストカードの販売がある。作家在廊中、購入者で希望者にはサインもしてもらえるそうだ。


「一山」写真展 (京都)

会場:総本山妙満寺 (大書院)
京都府左京区岩倉幡枝町91
会期:2015年4月18日(土)~5月10日(日)/ 最終日は15:00まで
時間:9:00~16:30
拝観料:300円(拝観料で写真展も鑑賞可能)

協力:総本山妙満寺、Emon Photo Gallery
特別協賛:株式会社グランマーブル


同展示は、京都で開催される国際写真展KYOTOGRAPHIE、サテライト会場であるKG+の一環として開かれる。世界中から写真家や写真愛好家が集まるとのことだ。

2015年4月18日(土)
■オープニングイベント
トークショー:16:00~17:00 
鼎談 / 姫野希美(赤々舎代表)・大西正一(デザイナー)
レセプションパーティー : 15:00~19:00 誰でも参加可能
参加費:無料

2015年4月26日(日)
■AKAAKAスライドショーin 京都 - 写真の種をまく - 
写真集を主に刊行している赤々舎ゆかりの写真家が、新作や未発表作を携えて集まる。写真集をライブで体感するようなイベントだという。

スライドショー:13:00~17:00 
交流会:17:00~19:00
出演:赤鹿摩耶・古賀絵里子・佐伯慎亮・澁谷征司
百々俊二・百々武・藤岡亜弥・山内悠
参加費:2,000円(拝観料込)


2015年5月8日(金)
■Vero-Tsuchi Live 
高野山のカフェ「梵恩舎」を営むVeroniqueの歌声と、妙満寺僧侶のピアノ演奏。ともに音楽家という顔で共演する。
ライブ開演:14:00~
出演:Veronique Tsugenheim(歌)、土持悠孝(ピアノ)
参加費:無料

※内容変更など発生する場合がある。








↑このページのトップヘ