和のトレンドをつたえるウェブマガジン

和風通信

タグ:加賀鳶

福山亜弥1
女優きき酒師 福山亜弥と福光屋 福光太一郎

 

女優きき酒師 福山亜弥は、蔵元と話したりしながら利き酒を楽しめるイベント「ほっこりきき酒会」を定期的に東京で実施している。

和風通信でも過去福山に「人気の日本酒、読者の女子がはじめて飲むなら?」という質問をして多くの反響があった。

和風ニュース過去記事

女優きき酒師 福山亜弥に聞く「女子はじめての日本酒」

http://wafutsushin.com/news/2016/05/14/fukuyamaaya

 

その福山が実施している「ほっこりきき酒会」の69回目になる開催が2016年9月30日(金)、パリに本店をもつカフェ「ドゥマゴパリ」(東京都渋谷区)であった。

 

福山亜弥
ドゥマゴパリ。利き酒とドゥマゴパリの食事の組み合わせも楽しい。

 

69回目の「ほっこりきき酒会」は1625年に創業した石川県金沢市の蔵元、福光屋の日本酒を味わうというもの。

 

福光屋
福光屋(石川県金沢市)の代表銘柄「加賀鳶」が並ぶ

 

このイベント、7000円の会費(第69回の参加費用)を支払って予約するものだが、50名前後の参加者で予約がすぐ埋まるそうだ。20代女性から50代男性まで、幅広い参加者層をひきつけるのは女優きき酒師福山亜弥のキャラクターのなせる技だろう。参加者は福山に気軽に飲み方や合わせるべき食材などについてたずねることも出来、一緒に写真を撮ったりしている。福山は参加者の各テーブルを一升瓶を持って回ることで、会場の熱気を高めている。

 

福山亜弥利き酒会
女性の参加者が多いのも福山の利き酒会の特徴

 

福山亜弥
福山が自ら瓶を持って参加者のテーブルを回る

 

蔵元と直接話し、女優きき酒師福山とおしゃべりしながらきき酒を楽しむ…。
次回の開催も決定している。
いよいよ気温も下がってきたなか、次回はタイミングよく燗酒の特集とか。


ほっこり、ゆるゆる、あったか燗酒
第70回福山亜弥ほっこりきき酒会
~ 一生に一本のお酒にめぐり合うための会 ~
木戸泉×ビストロW四谷

2016年11月19日(土)
12:00~14:30
酒蔵:木戸泉(木戸泉酒造株式会社)
ゲスト:木戸泉酒造株式会社社長 荘司勇人
会費:7000円
会場:ビストロW四谷 2階

女優きき酒師 福山亜弥ブログに詳細が記載されている。
http://ameblo.jp/aya-fukuyama/entry-12210218908.html

 

Amazon.co.jpより関連商品


Amazon.co.jpより商品説明

ドラゴンクエスト30周年記念ロゴの入った記念限定日本酒。 スライムをデザインしたオリジナル木升も付いてきます。 化粧箱にはロトの紋章、ロトの剣をあしらい ロトカラーであるブルーの化粧箱付き。 老舗酒造金沢福光屋がお送りする 純米大吟醸酒を楽しめる贅沢な一品です。 ドラクエ30周年限定日本酒スライム木升付き。

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークにて更新しております。通知が多いとお感じになりましたらトークルームでの通知をオフにしてください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

main-6


株式会社サザビーリーグ (東京都渋谷区)が運営するキハチは、2015年5月21日(木)に「Fun to Share!~加賀鳶×KIHACHI~」を、 青山本店で開催する。

「Fun to Share!~加賀鳶×KIHACHI~」では、 金沢・福光屋の日本酒「加賀鳶」の純米、 純米吟醸、 純米大吟醸など原料と製法の違う6 種類の日本酒を飲み比べ出来る。 料理との相性の良い熱処理をしていない生酒5種類に加え、希少性の高い生酒1種類も楽しめる。

あわせるのは、 旬を迎えた“貝”を使った料理。 はまぐり、 帆立貝、 あわび、 さざえなど、 キハチの定番や今回のためだけに考案した新作メニューなどだ。

開催概要
開催名: Fun to Share!~加賀鳶×KIHACHI~
開催店舗: キハチ 青山本店
開催日時: 2015年5月21日 (木) 19:00~21:30(18:30 受付)
定員: 限定40 名着席
価格: 一人 10,800 円(税・サービス料込み、 料理・日本酒6 種類)
提供時間: ディナータイムのみ
予約方法: 電話またはWEB 予約  http://bit.ly/1DMuMB0   ※前日までの予約

加賀鳶とは
「加賀鳶」は、 寛永二年  (1625 年) に創業した金沢で最も長い歴史を持つ酒蔵福光屋が作る地酒。福光屋は、すべての日本酒を米と水のみで醸す純米蔵として知られ、中でも「加賀鳶」は、 純米造りの技術を徹底的に追求することで、 旨さの領域を広げた、 酒造りの妙技を味わえる酒だ。

名前の由来となる、加賀藩江戸屋敷お抱えの火消しだった“加賀鳶”は、 江戸の頃、 勇ましく粋な集団として人気をさらっていたことから、 「加賀鳶」は、 “粋”をコンセプトに、 キレのある味わいが特徴。同イベントでは、 原料、 製造方法の違う6 種類の「加賀鳶」を飲み比べ出来るそうだ。
 
1.極寒純米無濾過生
2.純米大吟醸にごり酒生
3.山廃純米超辛口無濾過生
4.純米吟醸あらばしり
5.純米大吟醸藍しぼりたて
6.当日のお楽しみ

店舗概要
店舗名:キハチ 青山本店
住所:東京都港区北青山2-1-19
定休日:年末年始


■和風通信が選ぶ関連書籍

↑このページのトップヘ