和のトレンドをつたえるウェブマガジン

和風通信

タグ:張り子

前田ビバリー



いよいよ2017年も師走を迎え、年末年始の行事の声がきこえるころとなった。

ちょうど一年前、年末の風物詩「酉の市」を前に熊手を作るワークショップについて和風通信は報じた。

11月の風物詩・熊手作り「前田ビバリー」に女子殺到
http://wafutsushin.com/news/2015/11/06/maedabeverly
(2015年11月05日 和風通信)

このワークショップで熊手作りを指導した張り子作家の前田ビバリーは、
2017年は各カルチャーセンターやイベントで張り子作りワークショップの引っ張りだことなった。

そしてそんな活動のなかから作品などを紹介し、張り子の楽しさを伝える著作がついに発行された。


おもしろ張り子
前田ビバリー
グラフィック社
1,620円(税込)




前田の魅力は何と言っても専門家然としていない、等身大の作家としての雰囲気だ。

ワークショップでも参加者と一緒に昔のことを知りながら楽しんでいきたい、というスタンスに満ちている。










そして、先日のイベントではいま稽古中だという三味線と唄の披露もあった。

参加者として、ともに和のおもしろ文化を楽しんでいきたいという前田のキャラクターが伝わるイベントの様子。

2018年もさらに活動を拡げていく前田に注目だ。





■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しておりますのでお気軽にフォローください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

続きを読む

ohinasama_web-7






春の訪れを楽しみながら、ひな人形に絵付けをする…



手作り品のセレクトショップである「縷縷(るる)」 (運営会社:株式会社ルルウェブ 東京都港区)は、胡粉を塗った白い張り子に、筆で好きな絵柄を書く、張り子の絵付けワークショップを開く。
 
手の平にのるサイズ(5.5cm×6.5cm×2cm)で、場所を選ばず気軽に飾ることが出来る。手作り、クラフトといった流行のなか、自分の手で絵付けしたひな人形で節句を祝う傾向が進むかもしれない。
 
 
縷縷では、手作りしたひな人形を、誕生祝いや小さな子供がいる人への贈り物にするという提案もしている。

実習の後には、講師で張り子職人の前田ビバリーを囲んでのティータイム(約20分)も予定されているという。ケーキセットとともに独自の世界を持つ前田ビバリーの話を楽しみたい。


前田ビバリーについての
和風通信過去記事
11月の風物詩・熊手作り「前田ビバリー」に女子殺到
http://wafutsushin.com/news/2015/11/06/maedabeverly



前田ビバリー


講師
前田ビバリー(張り子職人)
1988年 長崎県生まれ。
2008年 大分県立芸術文化短期大学美術専攻 修了。
2009年 映像制作会社退社後、郷土玩具職人を志す。
2011年 張り子作家荒井良氏に師事。
2012年 学んだ張り子の技法で、地元長崎の廃絶郷土玩具復元。
     芸術集団『画賊』としても活動を始める。
2013年 長崎くんち奉納記念品を製作。
2014年 藁に興味を持ちはじめ、オリジナルの熊手やしめ縄制作をはじめる。
     張り子の技法と胡粉盛り上げ彩色による御殿玩具の犬筥制作をはじめる。

開催日
2016年2月23日(火)

時間
14:00〜16:00
   
参加定員
6名

参加費
3,500円(ケーキセット付き) 

持ち物・服装
タオル、絵付けしやすい格好

場所
カフェビストロ RANDY
東京都港区六本木1-3-37 ARKHILLS ANNEX 

問い合わせ先
縷縷 LuLu
http://luluweb.com/ 
info@luluweb.com
(先着順での受付のため、記事掲載時に満員となっている場合がある)




 

↑このページのトップヘ