前田ビバリー



いよいよ2017年も師走を迎え、年末年始の行事の声がきこえるころとなった。

ちょうど一年前、年末の風物詩「酉の市」を前に熊手を作るワークショップについて和風通信は報じた。

11月の風物詩・熊手作り「前田ビバリー」に女子殺到
http://wafutsushin.com/news/2015/11/06/maedabeverly
(2015年11月05日 和風通信)

このワークショップで熊手作りを指導した張り子作家の前田ビバリーは、
2017年は各カルチャーセンターやイベントで張り子作りワークショップの引っ張りだことなった。

そしてそんな活動のなかから作品などを紹介し、張り子の楽しさを伝える著作がついに発行された。


おもしろ張り子
前田ビバリー
グラフィック社
1,620円(税込)




前田の魅力は何と言っても専門家然としていない、等身大の作家としての雰囲気だ。

ワークショップでも参加者と一緒に昔のことを知りながら楽しんでいきたい、というスタンスに満ちている。










そして、先日のイベントではいま稽古中だという三味線と唄の披露もあった。

参加者として、ともに和のおもしろ文化を楽しんでいきたいという前田のキャラクターが伝わるイベントの様子。

2018年もさらに活動を拡げていく前田に注目だ。





■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しておりますのでお気軽にフォローください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

続きを読む