中尊寺金銀字交書経 藤原清衡願経
中尊寺金銀字交書経藤原清衡願経


1,000万円を超える古書が並ぶ「稀覯(きこう)本」のフェアが開催される。

「稀覯本」とはなかなか手に入りにくい本のこと。世界的にも有数の市場規模と言われる日本の古書業界だが、なかなか普段は入りにくいと感じている人も、古書店、そして古書店員の人たちと話をする新たなチャンスになりそうだ。

数千万円の値がつく日本の稀覯本を直に目にしてみては…。



稀覯本


日本古書籍商協会は2018年3月23日(金)〜25日(日)「ABAJ国際稀覯(きこう)本フェア2018 −日本の古書 世界の古書−」を、東京交通会館展示会場12Fカトレアサロン(東京都千代田区)で開催する。

国際稀覯本フェアは、全41店(国内22店・海外19店)の古書店が出店し、多くの史料や書物を展示・販売する国内唯一の世界的な古書展示販売会。

国内のみならず海外からも出展がある同フェアは、古書展示販売会としては世界有数の規模だ。

書籍、書簡、地図、巻物など様々な商品が展示・販売される。

高野山金剛峯寺所蔵の書経「中尊寺金銀字交書経藤原清衡願経(ちゅうそんじきんぎんじこうしょきょう ふじわらきよひらがんきょう)」(3,780万円)など、実際に目の前で確認出来る。

その他、寛文・延宝時代頃の作品「奈良絵本 曽我物語」(1,800 万円)や、日本でカレーのレシピを最初に紹介した「西洋料理通 正・後編」(55万円)など、歴史的価値の高い和漢洋の稀覯本が大量に蔵出しされる。

会場には古書店員がいるので、希少価値の高い古書に触れるだけでなく、当時の歴史や文化などについても気軽にたずねられる。

入場料は無料。

   
ABAJ 国際稀覯本フェア 2018 −日本の古書 世界の古書− 開催概要
http://www.abaj.gr.jp/special/vol002/index.php

日時:2018 年 3 月 23 日(金)~25 日(日)

23日(金) 13:00~20:00
24日(土) 10:00~18:00
25日(日) 10:00~16:00

場所:東京交通会館展示会場 12F カトレアサロン A・B (東京都千代田区有楽町 2-10-1)

 

主催:ABAJ 日本古書籍商協会
協賛:ILAB 国際古書籍商連盟
入場料:無料


■和風通信が選ぶ関連書籍



内容紹介(amazon.co.jpより)

書物の世界には、多種多様な個性と信条の持ち主が集まる。文学作品の初版本コレクターは最良の一冊を求めて狂奔し、手つかずの美本や、著者の献辞や書き込みの入った手沢本には、驚くべき高値がつく。稀覯本はいかにして生まれ、どのように現在の所有者の許にたどり着いたのか、そしてどれくらいの金が絡んできたのか?
本書は、『ロリータ』『路上』『ハリー・ポッター』など、二十世紀の文学史上にその名を刻む二十冊の傑作の出版史をたどる。そのいずれもが初版本コレクター垂涎の本だ。それぞれの本に“歴史”があり、その著者たちにも悲喜交々のドラマがある。
稀覯本ディーラーであり書誌学者でもある著者が、書籍に関する薀蓄と作家たちの知られざる逸話を披露するエッセイ集。






内容紹介(amazon.co.jpより)

古書店と図書館は、人と街を元気にさせる、知的なスパイスです! 志(こころざし)を持って趣味の本だけを集めた店、見向きもされなかったミニコミを取り揃えた店・・。 ニューウェーブともいえるユニークな古書店が、この日本にぞくぞくと登場しています。 そんな「とっておきの古書店」では、あなたが長年探していた本、若き日の思い出の本がきっと待っています。 またこの国には、ジャンルを絞って資料や文献を網羅した、不思議な図書館も数多くあります。 そこに行けばその世界のすべてがわかる、便利で有益な図書館です。 知的刺激に満ちた、驚きの古書店と専門図書館117を、足で歩いて紹介! 散歩の途中に立ち寄りたい! そんな場所を集めました。




 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しておりますのでお気軽にフォローください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数