和のトレンドをつたえるウェブマガジン

和風通信

タグ:結婚式

img_130122_2
「ジューンブライド」という言葉もある、結婚式が多い季節、江戸末期から続くだるま店の白河だるま総本舗(福島県白河市)が展開するブランド「Hanjiro」は、「ウェディングだるまセット ブラウン&コニー」を2017年6月6日からLINE FRIENDS公式オンラインストア限定で販売している。
 

公式オンラインストア:https://www.linefriends.jp/



「ウェディングだるまセット ブラウン&コニー」


約300年の歴史がある白河だるま総本舗のブランド「Hanjiro」がLINE FRIENDSのキャラクター、くまの「ブラウン」、うさぎの「コニー」の姿で登場。

新郎新婦の姿をしたウェディングだるまセットは150mmと85mmの2サイズがあり、ウエディングに最適な仕様。現代を代表するキャラクターと伝統工芸を代表する縁起物が融合した世界を楽しみたい。



「ウェディングだるまセット ブラウン&コニー」の概要

名称: ウェディングだるまセット ブラウン&コニー

販売開始日: 2017年6月6日

販売料金: Lサイズ5,000円(税別)、Sサイズ3,000円(税別)

サイズ:縦85mm×横75mm×幅75mm(Sサイズ)

縦150mm×横130mm×幅130mm(Lサイズ)

販売店:LINE FRIENDS ONLINE STORE

https://www.linefriends.jp/



「HANJIRO」の概要

Hanjiroとは「伝統工芸はデザインで生まれ変わる」をキャッチコピーに、白河だるま総本舗14代目渡邊 高章が手がけるブランド。


「白河だるま総本舗」の概要

創業約300年続くだるま店。だるまを中心とした民芸品の製造・販売を行っているメーカー。近年では各企業とのコラボレーション商品の製造や、はりこ製品を製造する。

http://www.hanjiro.co.jp









 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しておりますのでお気軽にフォローください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

リプラグ






気候がよくなり、お祝いごとの席も増える季節だ。



同じお金を入れるなら、ちょっと気の利いた祝儀袋を使ってみたいけど、どんなものがあるか、とウェブをさがすと、「リプラグ」というブランドのアクリルを使った新しいデザイン提案が話題を集めている。



おめでたい伝統的な文様に現代的なアレンジを加え、個性的かつ、シンプルなデザインに仕上げている。
洋装でも和装でも合う、ということがポイントだ。




リプラグ




 
結婚式で使える「寿(ことぶき)」は飾り部分をアクリルで、通常の祝い事に使える「祝(いわい)」
は厚手の紙で制作した。



飾り部分は簡単に取り外しができる。受け取った人の思い出として使用してほしいという思いがあるようだ。




リプラグ




この祝儀袋のブランド「Re+g(リプラグ)」は、広告やセールスプロモーションなどのデザイン制作を手がける、株式会社テイ・デイ・エス(東京都新宿区)のクリエイターが発足したブランドだ。



身近にあるステーショナリーやインテリア雑貨を、新しい切り口で開発している。



サイトでの英語の説明は以下のとおり。 



A New Style of Gift money envelope

Japanese traditional pattern × Modern design. Gift money envelope created by Replug.
Kotobuki for marriage ceremonies is a gift envelope with acrylic decorations, while Iwai for other celebrations is another type of Gift money envelope with thick paper decorations. Easily detachable decorations can be used to make a memorable charm by the receiver.



リプラグ







デザイナー自らが使いたいと思うデザイン、シンプルだけどどこか温かさを感じられるものなどを作っているそうだ。
 



リプラグ


祝儀袋【寿】
1,512円(税込)


リプラグオンラインショップ

wedding
wrapped presents by Muffet
https://www.flickr.com/photos/calliope/115061459/



“ジューン・ブライド”と呼ばれ、結婚式が多くなる6月、どんな贈り物を贈ったら喜ばれ、もらったらうれしいのだろうか。

マーケティング×テクノロジーを軸とした事業展開を進めるトレンダーズ株式会社(東京都渋谷区)が運営するギフトマッチングサービス「Anny」では、既婚女性(25~40歳)を対象にした「結婚祝いのギフト調査」を実施した。



贈答経験2位の「食器」、実は“貰って困るギフト”で1位…

「贈答経験のあるギフト」上位5項目は、
1位「キッチン・調理器具(家電)」(43.6%)
2位「食器」(40.4%)
3位「タオル・寝具」(30.4%)
4位「ギフトカタログ」(27.6%)
5位「インテリア雑貨」(27.2%)

となった。

次に、“貰って一番困ったギフト”の結果について調べると、贈答経験で高い反応を示した「食器」(36.4%)が最も多い結果だった。

その理由としては「部屋の雰囲気と合わない」「趣味が合わない上に置き場に困る」といった意見などが寄せられた。

2位に「インテリア雑貨」(14.4%)が続いたことからも、人の好みやセンスが大きく反映されるギフトについては、「贈り手」と「もらい手」のギャップが際立ってしまう様子がうかがえる。



失敗しないギフトは、“自分では購入しないけど、実用的なもの

“結婚祝いに貰って嬉しいと思うギフトの要素”について、当てはまるものを2つ選ぶ形式だ。

その結果、回答は

1位「(欲しいとは思っていても)自分では購入しないもの」(80.4%)
2位「日常生活で使える実用的なもの」(74.8%)

と上位2つに集中した。

さらに、具体的なアイテム名について調べると、「ルクルーゼ」や「ストウブ」、「シャトルシェフ」といった今流行の調理器具をはじめ、「レイコップのふとんクリーナー」、「デロンギのコーヒーメーカー」など、使用頻度も高いアイテムが寄せられた。

新婚生活を快適にスタートできるようなアイテムが「贈り手」と「もらい手」の想いが一致するギフトの条件だと考えられる。

また、「ヘリコプターの夜間飛行ギフト券」など、非日常的な経験ができる体験型ギフトもうれしいギフトとしての声が挙がった。



約8割がNGと回答した“名入れギフト”

最後に、“パートナーと自分の名前が入った「名入れ」ギフトを結婚祝いにもらったら嬉しいですか?”との質問には、約8割(76.8%)の人が「うれしくない」と回答。

贈り手の祝福の想いを伝えるため、既製品ではなく、新郎新婦の名前を刻んだアレンジアイテムとして贈られることのあるギフトだが、もらい手としては、喜ばしくない気持ちが過半数を超えるようだ。



調査概要
調査名:“結婚祝いのギフトに関する調査”
調査期間:2015年6月8日(月)~ 2015年6月14日(日)
調査対象:25~40歳の既婚女性 250名
調査方法:インターネット調査


ギフト情報に特化したキュレーションメディア 「Anny magazine」
Anny magazine(アニーマガジン)URL: http://anny.gift/





■関連書籍



内容紹介
巻頭特集は母から娘に受け継ぎたい大切なもの。レギュラー企画「旅する和婚」は箱根・伊豆・熱海エリア情報。

 

冠婚葬祭



熨斗袋に名前を書くというのは、場数をこなさないと緊張してしまう場面だ。

スタンプの製造販売を手がける株式会社岡田商会 (大阪府大阪市) は、 冠婚葬祭の熨斗袋への筆書きの負担を軽減する「冠婚葬祭スタンプ のし心」の通販サイトをオープンした。 

「のし心」はスタンプパッドを内蔵したセルフインクタイプのスタンプで、 ゴム印のように押すたびにインクを付ける必要がなく連続して押せる。のし袋にあてて押すだけで筆文字があらわれる。書き損じなく、安心した仕上がりの熨斗袋を作ることが出来る。 

同社は、お名前スタンプという子供の持ち物用のスタンプを年間30,000セット販売した実績を持つ。


のし心
不幸があった際に使う人もいる薄墨対応のものも



冠婚葬祭スタンプ「のし心」

のし心|お名前印 濃墨・薄墨2個セット(慶事・弔事用)


■関連書籍

渋谷の結婚式


京都や浅草など、人力車と和装での結婚式が出来そうな場所はなんとなく想像が出来る。もう少し意外な場所を…とのことで、渋谷にあるホテルが、109やスクランブル交差点での人力車での撮影をプランに盛り込んだ結婚式を発表した。

セルリアンタワー東急ホテル (東京都渋谷区) は、婚礼撮影の新オプションプランとして「人力車に乗って花嫁衣裳で渋谷散策!」を発表(150,000円税込~)。

ウエディング仕様の人力車に、婚礼衣裳に身を包んだ新郎新婦を乗せし、渋谷周辺を約60分ほど散策しながら、ホテル外観やスクランブル交差点でのウエディングフォト撮影を行う。また、披露宴のアトラクションに「人力車入場演出(80,136円税込)」も用意されている。
 
 
スクランブル交差点


2015年6月1日(月)以降実施のセルリアンタワー東急ホテルでの披露宴で対象となるオプションだという。

内容
1.渋谷周辺での撮影3ヶ所+3ルートより選択可能な「渋谷散策」計約60分+撮影した画像でのフォトフレーム作成
 
2.披露宴の入場演出として、新郎新婦が人力車に乗って入場。※ボールルームでの披露宴限定

料金
1. 150,000円。
※和装前撮りプラン「PHOTO SELECTION」(145,800円~189,000円。平日限定)
もしくは他披露宴プランとの組み合わせが必要。
 
2. 80,136円
協力:佐藤写真、時代屋、TAKAMI BRIDAL、山野愛子美容室

ウエディングに関する予約・問い合わせ先:

※表示の料金は税込。



■関連雑誌
内容紹介(amazon.co.jpより)
巻頭特集は母から娘に受け継ぎたい大切なもの。レギュラー企画「旅する和婚」は箱根・伊豆・熱海エリア情報。

↑このページのトップヘ