和のトレンドをつたえるウェブマガジン

和風通信

タグ:芸大

IMG_2336

 

2016年9月2日(金)〜2016年9月4日(日)に開催されている東京藝術大学の学園祭「藝祭2016」。

会期初日の冒頭を飾った神輿は、会期中、大学構内に展示されているという。神輿行列が見られなかった参加者も週末を大学構内で天地4mにもなろうかという神輿の迫力を味わえそうだ。

 

和風ニュース 過去記事

神輿に注目 東京藝大 「藝祭2016」

http://wafutsushin.com/news/2016/09/02/geisai

 

藝祭2016 ウェブサイト

http://geisai.geidai.ac.jp/2016/

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークにて更新しております。通知が多いとお感じになりましたらトークルームでの通知をオフにしてください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数




銀座の中心が茶会の会場となる「第14回 銀茶会」が2015年10月25日(日)13:00〜16:00 に開催される。


この催しは銀座通り(東京都中央区)で、一年に一度、野点(のだて:野外で自然に接しながら、茶を点てること)をするもの。ふだんは席を同じくすることのない茶道の流派が一堂に会する。


そして、この「第14回 銀茶会」と連動したイベントも開催される。




平石ミナ/嘉門工芸 「極小茶箱」



■銀茶カフェ ~学生創作茶席とギャラリーのコラボレーション~


日本建築学会主催の 「日本建築学会建築文化週間 学生グランプリ2015 」に出品された模型と空間全体を使った「ネオ茶室」とも言える、茶室インスタレーションが展示される。会場は銀座8丁目にあるカフェギャラリー「ART FOR THOUGHT(アート・フォー・ソート)」。建築学生がデザインする「創作建築和菓子」も提供されるという。



銀茶会
「日本建築学会建築文化週間 学生グランプリ2015 」金賞受賞作品



会場  
ART FOR THOUGHT(アート・フォー・ソート/ギャラリー・カフェ)
中央区銀座8-10-4 和孝銀座8丁目ビル1F

会期 
2015年10月22日(木)〜30日(金)
※10月25日(日)「第14回 銀茶会」当日は13:00〜16:00の営業。

時間
11:00〜23:00 

ギャラリーURL




同会場では、茶道にちなんだ作品が展示される。







陶芸家の平石ミナが今回の催しに合わせて製作した作品は「極小茶箱」(98,000円/税別)。

10cm×16cm(大きめのスマートフォンほどのサイズ)のクルミの小箱の中に建水、茶筅、茶筅入、茶巾入、茶入、茶杓、茶碗が全て入る。とてもめずらしい極めて小さなサイズの茶箱だ。







茶碗は、満開の桜の中、「脳模様のふわふわ雲」の合間を雀が飛んでいる様子が上絵と金彩で描かれている。「満開の桜を見た時の日本人の脳みそがおかしくなる様子(平石)」を描いているとのこと。

この作品は嘉門工芸のプロデュースする茶箱とのコラボレーション (http://kamon.info/) だ。


ほか、平石は「歯科矯正抹茶碗」(非売品) という作品も展示。過去、デパートで展示をした際に大好評だったという茶碗だ。歯科矯正のときに使われる器具を思わせる立体が茶碗のまわりを囲む。





平石ミナ
平石ミナ「歯科矯正茶碗」




陶芸家・平石ミナは、1997年、東京藝術大学を卒業。
電通でプランナーとして活動後、
ニューヨークなどでの制作活動を経て現在に至る。




ウェブサイト











↑このページのトップヘ