和のトレンドをつたえるウェブマガジン

和風通信

タグ:貝印

貝印

 

​2015年は、日本を訪れる外国人旅行者は過去最高の1973万人を超えた。日本で食事を楽しみにする人も多く、また海外での和食人気も高まっている。

 

そんななか、日本の包丁に注目が集まっているという。国際的なナイフショーでの受賞や海外の商品テスト雑誌でも高評価を獲得、さらに、海外の有名シェフが使用しているなど、日本国内以上にその品質やデザインが認められているそうだ。

 


人気の理由は
1.するどい切れ味で、その切れ味が長く続く
2.食材に最適な切り方ができる種類の豊富さ
3.機能を伴った美しいデザインや細部へのこだわり

 

なのだという。

 

貝印


 

■外国人向け料理教室では…

駐在ビジネスマンや旅行者が集まる料理教室で、実際に日本製包丁(貝印「関孫六」三徳)を使った外国人の意見

 

「とにかく切れ味が良いですね。また柄の部分の素材・デザインも良く、とても握りやすかったです。」(女性・フィリピン出身)

「アメリカの料理番組のシェフは、必ず日本の包丁を使っていますよ」(男性・アメリカ出身)

「切れ味が良いので自分の思い通りに切れるという感覚が良かったですね。また、デザインもとても美しいと思います」(男性・フランス出身)

 

貝印

 

 
■米『キッチンナイフ・オブ・ザ・イヤー』

2015年、世界最大の刃物産業の展示会「ブレードショー」(アメリカ)では、貝印株式会社(東京都千代田区)の包丁「旬」が業界で最高峰の賞と言われる『キッチンナイフ・オブ・ザ・イヤー』を受賞した。「旬」ブランドはこれまで10回受賞しているという。
 
あまりにも身近で気にもとめなかった工芸品が日本から世界へはばたいている。

 

■関連書籍



 

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しておりますのでお気軽にフォローください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

貝印 かき氷

 

子供から大人まで幅広い層に愛されるシンプルな夏のデザート、かき氷。ここ数年、かき氷専門店の出店や台湾など海外からかき氷スイーツ店の上陸が相次ぎ、氷の質や削り方、トッピングなど様々なこだわりが詰まった「新しいデザート」としてブームとなっている。

 

2015年に和風通信では人気かき氷店について記事にしている。

「ゴーラー」のためのかき氷店 全国4選 (2015年6月19日掲載)

http://wafutsushin.com/news/2015/06/19

 

貝印株式会社(東京都千代田区/以下、貝印)は、KaiHouseブランドから、専門店のようなフワフワのかき氷を自宅で作ることができる、プロ仕様の「本格かき氷器」を1000台限定で2016年5月下旬から全国有名百貨店、貝印公式オンラインショップで発売する。

KaiHouse「本格かき氷器」は、専門店で提供される粉雪のようなフワフワかき氷を作るために必要な、薄く均質に氷を削ることを追求し、1:安定した力で一定の角度で氷を削ること、2:均質な氷を作ること、にこだわって開発した。

 

sub5

 

従来の家庭用かき氷器は、ハンドルを回す際に上から抑える力の加減によって、氷にかかる圧力が変わることにより削れる氷が均質化されず、食感に影響を与えていた。新商品は、「ウォームギア」を内蔵した構造で、刃と氷の隙間を一定の小さな状態で保ち続けることにより、氷に安定した力をかけながら一定の角度で削ることが可能になった。

また、刃物メーカーならではのノウハウを生かし、均質に薄く削れる刃を採用することで、軽い力でも心地よい感覚で削ることが出来る。通常、ウォームギア内蔵型のかき氷器は業務用として採用されているが、同商品は自宅用としても使用しやすいサイズ、かつレトロなデザインに仕上げた。

 

貝印 かき氷

 

貝印 かき氷

 

また製氷器はオリジナル設計により、かき氷に適しているという均質な氷を作ることが出来る。一般的な製氷器は、空気穴や不純物を残したまま凍ってしまい、均質な氷を作ることができないため、独自の二重構造設計で、時間をかけてじっくりと凍らせることで、フワフワ食感を生み出す製氷を可能にした。年を追うごとに本格的になるおうちかき氷から目が離せない。

 

貝印 かき氷

 

商品概要

Kai House「本格かき氷器」
本体サイズ:220×220×435㎜
重さ:1,820g
価格:本体15,000円(税別)
発売日:2016年5月下旬

 

開発のポイント

1:安定した力で氷を削るウォームギア技術

ウォームギアを内蔵することによって、刃に一定の圧力を加え、刃と氷の隙間を少なくし、一定の角度で削ることで、ふわふわ食感のかき氷が出来る。

2:均質な氷を作る2重構造の製氷器

2重構造により、透明で均質な氷を作ることができる独自設計の製氷器。

貝印株式会社

http://www.kai-group.com

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

↑このページのトップヘ