和のトレンドをつたえるウェブマガジン

和風通信

タグ:資生堂

資生堂

 

今年のゆかたコレクションも出揃い、いよいよ着て出かける季節…といきたいところだが、なかなか女性のみんなには悩みもある、という調査結果が株式会社資生堂(東京都中央区)から発表された。

「資生堂 ゆかたアンケート調査(20~30 代女性) 2016年」によれば、ファッションとして楽しむ和装を着る機会は増えていて、市場が伸びている。

ゆかたに限らず、和装(呉服)全体の市場としては、2015年は前年比98.2%の2,805億円(小売金額ベース)で、2016年は前年比100.9%の2,830億円と予測されている(株式会社矢野経済研究所)。消費税増税等の影響があったものの、着物で女子会を開催するなどの取り組みが活発化していて、ファッションとして“着て”楽しむ消費者層も増えたことから、今後も市場は拡大を見込んでいる。

 

資生堂

 

日本人女性のゆかた実態はどうか。20~30代の女性を対象にした資生堂の調査によると、昨年(2015年)ゆかたを1回以上着た女性は、約27%。しかし、9割以上の女性が、機会があれば、ゆかたを着て出掛けたいと考えていることがわかった。

ゆかたを着る際の悩みとしては、「ゆかたに合うメークがうまくできない」「ゆかたに合う髪型のスタイリングができない」といったビューティーに関するものがある。そして、「ゆかたと帯をうまくコーディネートできない」という、ゆかたファッションに関する悩みが上位にあがった。

今年ならではのゆかたの着こなしのポイントと、和装のヘア&メークを得意とする資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト 鎌田由美子による、今年ゆかたを着るなら取り入れたい「ゆかたメーク」のトレンドテクニックと、自分でも挑戦できる「ゆかたヘア」のポイントとは…。

 

ゆかたヘア&メーク2016紹介

 

「ゆかたヘア&メーク2016」を、資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト 鎌田由美子が紹介する。

 

鎌田由美子

 

「古典的なゆかたが人気の今年は“レトロ”を鍵と捉え、「昭和レトロ」「昭和クラシック」「大正ロマン」といったテイストを取り入れて、ゆかたファッションに合うおすすめのメークを2パターンご紹介します。一つは、トレンドカラーのブルーを取り入れた涼しげな目もとが“レトロポップ”なアイメーク、もう一つは、赤いルージュがポイントの“レトロロマンティック”なリップメークです。さらに、ちょっとアレンジするだけで、がらりと印象が変わるヘアスタイリングテクニックをご紹介します。」

 

1.トレンドのブルーで“レトロポップ”な涼しげブルーアイズ

 

資生堂

 

ブルーやグリーンのアイシャドーを、太目のアイライン風にワンポイント入れて、ゆかたファッションにアクセントを加える。

A ブルーのアイシャドーを細いチップに取り、目尻をポイントにまぶた1/3のところからすっと引き上げるように描く。そして、

B ゴールドのアイシャドーを下まつげの根もとに軽く入れ、瞳にきらめきを与える。マスカラは、軽やかにつけ、ブルーのアイカラーを引き立てる。

 

資生堂

 

C このアイメークには肌の色になじむ軽やかなルージュがおすすめ。唇の全体にルージュを直接つけたあと、中央部分にだけグロスをつけてつやをプラスする。

D チークは、レッド系で頬の高めの位置につややかに入れると、イキイキとした雰囲気になる。

 

2.赤を軽やかにキメる“レトロロマンティック”なふんわり赤リップ

 

資生堂

「洋服とは違い特別感のあるゆかたには、今年は赤色のルージュをトレンドのテクニックで取り入れるのがおすすめです。普段なかなか赤色を選ばない方にも、特別感のある和装のときには挑戦しやすく、ぐっと気分も高まります。赤いルージュを、夏場に軽やかに演出するためのテクニックをご紹介します。」

 

A 唇の中央から全体にルージュを直接つける。

B 何もつけていないリップブラシで輪郭線をなぞってぼかす。

 

資生堂

 

C 唇の中央部分に再度口紅を重ねると、ふんわりとした輪郭で立体感のある軽やかな仕上がりに。赤色のルージュは、肌の色も明るく見せ、肌の透明感を引き立てる。

目もとには肌なじみの良いピンクのクリームアイシャドーをまぶた全体に広げると優しく明るい印象。ボリュームタイプのマスカラでまつ毛を際立たせ、印象的な目もとに仕上げる。チークは、ピンク系を頬の中央から頬骨に向かって高めにふんわりと入れ、ロマンティックな印象にする。

 

3.おすすめヘアスタイルと簡単アレンジテクニック

~まとめ髪のポイントはシルエット演出! バランスが重要!~


shiseido

 

髪のべース作り

髪を3つの束に分けゴムで結び、それぞれをツイストして毛先をピンで留める、自分でできる基本のまとめ髪。

ゴムを結ぶ位置がポイント。中央の束だけ、さらに2つに分けてツイストする。ツイストしながら、毛束を少しずつ引き抜くことで、ボリュームと軽やかさを演出する。左右のツイストを交差させるようにして、ピンで留める。

 

簡単アレンジテクニック

基本の結ぶ位置は一緒でも、左右のツイストを交差させる際、真ん中の束の下側で交差させるか、上側で交差させるかの違いで、シルエットと印象が大きく変化する。

 

ネープ

 

ネープポイント

ネープ(襟足)にポイントを置くと、大人っぽく、ロマンティックな印象になる。前髪はセンターパート(真ん中分け)で、短い前髪をカールし、60年代のような雰囲気でレトロ感を演出。トップポイントボリュームを上部に変えると、より元気でフレッシュな印象になる。フェースラインもすっきりとし、背も高く見える。カチューシャ型バングをつければ、さらにキュートなイメージに。髪かざりも変えて、個性的なゆかた美人を演出出来る。

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しておりますのでお気軽にフォローください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

東をどり

 

芸者の踊りと食事を楽しむ夏のひととき…と聞くと、なかなかつてがないとかなわないシーンであるが、年に一度、東京新橋組合(東京都中央区)の芸者の踊りを誰でも楽しめる機会がある。

 

新橋演舞場(東京都中央区)の全館で、食や酒、芸者の踊りを楽しめるのが東をどりという催し物だ。期間は2016年5月19日(木)〜22日(日)。席種により変わる切符の値段は2,500円〜9,000円(税込)。

芸者の世界では「芸の新橋」と言われているそうだ。その芸を誇りにする気風から、1925年(大正14年)に芸の披露の場として新橋演舞場が建設されたのがはじまり。新橋演舞場のこけら落とし公演は第一回東をどりだった。ふだんは台詞などを披露する機会もない芸者衆の舞台から、スターも生まれてきた。

新橋演舞場に足を踏み入れると、有名料亭が腕をふるう食や酒のコーナーに、芸者の千社札やうちわなどの販売コーナーなどもあり、数時間を料亭のなかにいるような雰囲気で楽しめる。

 

東をどり
http://www.azuma-odori.jp
東をどりウェブサイトより

 

東をどり

2016年5月19日(木)〜22日(日)

新橋演舞場

東京都中央区銀座6-18-2

http://www.azuma-odori.jp

 

東をどりを知ってもらうための新しい取り組みも行われた。銀座三越(東京都中央区)では、2016年4月に初の試みとして、東をどり期間中に新橋演舞場で販売されている料亭の味や、芸者の出迎え、踊りの披露などが行われた。

Youtube毎日新聞アカウントより

 

そして東をどりというと、新橋演舞場と同じ銀座に社屋を構える、化粧品製造の資生堂が協力をしている。4月に入って銀座を歩くと、「資生堂」の文字が入った東をどりのポスターがたくさん目に入る。

資生堂パーラー(東京都中央区)では、銀座本店サロン・ド・カフェで、2016年5月17日(金)から期間限定で「東をどり」スペシャルメニューが用意される。東をどりにちなみ、新橋芸者の上品で粋な振る舞いをただよわせるメニューだという。

三味線の稽古を終えた芸者が、料亭に立つ前に資生堂パーラーに立ち寄り、ソーダ水でひと息ついたというエピソードがあるそうで、そんなシーンを思い起こすひとときになりそうだ。

http://parlour.shiseido.co.jp?rt_pr=pl088

 

東をどり

東をどりパフェ 1,980円

新茶の季節を迎え、東をどりの和の雰囲気を抹茶で表現した。きな粉のわらび餅や白玉、フルーツを入れることで、食感や彩りも豊かに仕上げている。芸者を思わせる番傘も雰囲気を盛り立てる。

 

資生堂パーラー

新橋色のアイスクリームソーダ 1,130円

明治後期、新橋の芸者が青緑色の着物を好み、それが世間にも流行したことから「新橋色」と呼ばれたという。その色調を青りんご風味のシロップとレモン、ジンジャーエールで表現し、伝統のアイスクリームを浮かべた。

 

資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ

東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3階

営業時間

 

火~土曜日 11:30~21:00(L.O.20:30)

日曜日・祝日 11:30~20:00(L.O.19:30)

定休日 月曜日(祝日の場合は営業)

http://parlour.shiseido.co.jp?rt_pr=pl088

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(おおよそ夜23時に更新しています)

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(だいたい夕方18:30にトークには送りつけずタイムラインでお知らせしてます)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

theginza
宮脇賣扇庵×SHISEIDO THE GINZA オリジナル扇子

総合美容施設「SHISEIDO THE GINZA(資生堂ザ・ギンザ)」(東京都中央区)が2016年5月14日に5周年を迎える。
この施設は「知らない自分に会える場所」をコンセプトとして2011年にオープンした。セミナーやイベントの開催を通して、美の発信拠点として情報を伝えている。

5周年を迎えたこの施設では、2016年6月14日(火)まで、フェアを開催している。さまざまな企画が用意されているが、和風通信が注目するのは、購入特典だ。
フェア期間中、化粧品を購入するか有料サービスコンテンツを利用すると、購入金額に応じて5周年記念品が進呈される。数に限りがあるので、早めの訪問が良さそうだ。

実施期間
2016年4月14日(木)〜なくなり次第終了

特典

税別5000円以上購入特典は…
THE GINZA
5周年記念オリジナル<amabro×SHISEIDO THE GINZA>オリジナル 5弁豆皿

税別15000円以上購入特典は…
THE GINZA
5周年記念オリジナル<宮脇賣扇庵×SHISEIDO THE GINZA>オリジナル 扇子

豆皿でコラボしているamabroは、村上美術株式会社(東京都目黒区)が進めるプロジェクトだ。「既に存在しているさまざまなジャンルの創造物を見つめ直し、amabroが考えるアートの視点から作品を企画し生産するプロジェクト」とのこと。
amabro
amabroウェブサイトより
http://www.amabro.com

宮脇賣扇庵
宮脇賣扇庵ウェブサイトより http://www.baisenan.co.jp

扇子でコラボしている株式会社宮脇賣扇庵(京都府京都市)は、1823年創業。ほぼすべて自社制作で扇作りをしている。工芸品としての飾り扇を考案するなどの歴史を持ったブランドだ。

haze
haze ウェブサイトより
http://haze.jp

その他、限定アイテムの販売もある。NOBORU SHIONOYAの限定デザインのかんざし、haze(ヘイズ)の限定デザインのろうそくを発売している(こちらも数に限りがあるので、確認を)。かんざしは5周年を祝し、5弁の花をかたどった小ぶりのかんざしだ。洋装にも和装にも映えそう。hazeのろうそく(上記写真)は、「鬼の子ども」をモチーフにしている。鬼のこどもは、春の訪れとともに村に降りてくる。邪気を払い、春の寿ぎのシンボルが鬼。山の神でもある「鬼のこども」に5周年の祝の気持ちを託しているそうだ。5層の淡い色の連なりに灯るろうそくのほのあかりを楽しみたい。

■開催概要
SHISEIDO THE GINZA 5TH ANNIVERSARY
2016年4月14日(木)~2016年6月14日(火)
資生堂ザ・ギンザ
東京都中央区銀座7-8-10 1-3F
営業時間 11:00〜20:00
http://stg.shiseido.co.jp/

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています

 
  ■LINEでも記事更新のお知らせをしています
http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

shiseido

斬新な柄が目に飛び込む。この浴衣は、資生堂の最新の美容提案が集まった「SHISEIDO THE GINZA(東京都中央区)」のスタッフ用に2014年夏に作られたものだ。伝統的な文様をモダンにデザインし直し、友禅板に一反ずつ生地を貼って型をおくりながら染め上げされたもので、今年一般に限定販売されることが決まった。

浴衣 仕立上がり 38,000円 反物 30,000円 (受注は2015年5月21日より)

このインパクトあふれる浴衣を提案する「SHISEIDO THE GINZA」は、2015年6月6日(土)に、この夏おしゃれにゆかたを着こなしたい女性たちのための特別セミナー「今年は自分で着られるようになる!ゆかたの着こなしとヘア&メーキャップ講座」を、資生堂花椿ホール (東京都中央区) で開催する。

このセミナーでは、資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト鎌田由美子による、ゆかたに合うヘア&メークのレクチャーと、初心者でも手早く自分で着付けができるようになるための実習をする。

セミナー冒頭には、自分に似合うゆかた選びに参考になる、柄、染め、素材といったゆかたの基礎知識を、上記写真の浴衣をデザインした株式会社西岡ペンシル(東京都港区)の西岡範敏が語る。当日は、この会場でしか試着できないSHISEIDO THE GINZAオリジナルゆかたの受注会も行う。
 

西岡範敏
浴衣のデザインをした西岡ペンシルの西岡範敏




セミナーは、10:30~と13:30~の2回開催し、各回定員35名。参加費用は、一人3,000円 (税込)。申込みは、5月18日(月)より専用電話で受付けている (平日10:00~18:00受付)。初日から申込みが相次いでいるそうで、この記事の掲載時点で締切の可能性もある。定員になり次第、締め切るそうだ。


「今年は自分で着られるようになる!ゆかたの着こなしとヘア&メーキャップ講座」 

主催:SHISEIDO THE GINZA
開催日時:2015年6月6日(土) 10:30~、13:30~ (2回開催 各回約2時間)
開催場所:資生堂花椿ホール (東京都中央区銀座7-5-5 資生堂銀座ビル3階)
受付人数:各回定員35名 ※中学生未満の人は参加出来ない
参加費用:3,000円 (税込)
特典:「アイブローデザイニング」チケット
SHISEIDO THE GINZA 2階のヘア&メーキャップサロン「ビューティーブーストバー」で提供している人気メニューで、ヘア&メーキャップアーティストによる眉カットと眉メーク が受けられる (通常価格:税込2,160円/所要時間:約15分)

内容:
1 ゆかたの柄と染めのお話(講師:西岡ペンシル代表 西岡範敏)
2 ゆかた美人!と言われるポイント伝授2015(講師:資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト 鎌田由美子)
3 ゆかたに似合うヘア&メーキャップワンポイントアドバイス(鎌田由美子&ビューティーブーストバー)
4 自分で15分で着られるようになる ゆかた着付け実習会~基本的な着付けから、着くずれ対策まで~(協力:市田株式会社)
5 SHISEIDO THE GINZAオリジナルゆかたをはじめ、各種ゆかたや帯、和装小物の紹介(試着、予約受付可)

持ち物:当日はゆかたの着付け実習をおこなう。ゆかたと肌着を持参とのこと。

・ゆかた…持っている人は着付けに必要なもの一式を持参。持っていない人には貸出しがある。
・肌着…ゆかた用肌着を持っている人は持参。持っていない人は、スリップや、キャミソールにペチコートなどを、持参または着用の上来場を。当日会場にゆかた用肌着も用意されている (有償)。

申込方法 
下記URLに掲載されている「セミナー受付専用」電話にて受け付けている。参加者の氏名、住所、電話番号、ゆかたの有無を知らせる。追って、案内状が送られる。

受付開始:2015年5月18日(月)<10:00~18:00> ~ 定員に達し次第締め切り ※5/20および土日祝をのぞく平日のみ
 


SHISEIDO THE GINZA
住所:東京都中央区銀座7-8-10 1-3F
営業時間:11:00-20:00 不定休
http://stg.shiseido.co.jp/?rt_pr=tr325




■関連書籍
浴衣をデザインした西岡ペンシルの書籍

へんで、いいよ。
西岡 範敏
西岡ペンシル出版部
2010-07-10



内容紹介(amazon.co.jpより)

「へん」でもいいじゃない。
奇天烈なことOK。ねじれたことOK。予測出来ないことOK。
妄想OK。そんなことこそ素敵で愉快。
合理性や予定調和なことばかりが当たり前のように
いいとされる世の中なんてつまらない(ハズ)。
価値観の相違が争いの発端だなんて・・・。
自分にだけしかないものを持っているが故の孤独感なんて・・・
悲しいじゃない。「へんで。いいよ。」はそう思います。

アートディレクター西岡範敏とフォトグラファー腰塚光晃を中心に
広告、ファッションの世界で活躍する仕事人達のコラボレーションが
子供達や心ある大人達の捨て切れっこない好奇心を
たっぷりと刺激する。リアルとファンタジーを行き来する、
「へん」なストーリーのオムニバス「写真絵本」。

Model:高橋マリ子 文庫版変形サイズ

Art Director:西岡範敏 Photographer:腰塚光晃 Stylist:飯嶋久美子 Hair:TAKE Make:MINA Make:YUKI Hair & Make:Takahiro Hashimoto

小村雪岱


4月からの資生堂アートハウス(静岡県掛川市)は、版画のさまざまな世界を紹介する。

「はんが さまざま」のタイトル通り、さまざまな作家によるさまざまな版画を紹介し、豊かで奥深い「版画」の世界が紹介される。

版画は、凹凸を用いて表した絵柄を紙の上に反転印刷させてつくる絵画で、同じ版を使って複数枚の作品を制作できるのが大きな特徴だ。

技法的には凸版画、凹版画、平版画、孔版画の四つに大別され、古くから世界各地で制作されてきた。
 
同展では、多様な技法を駆使しながら、幅広く芳醇な表現世界を獲得してきた、近現代の版画に焦点をあてながら、木版画、銅版画、リトグラフ、シルクスクリーンなど、幅広いジャンルの作品を展覧する。

出品作家は、現代美術の分野で活躍する李禹煥、百瀬寿、青木野枝、舟越桂を始め、版画家として世界的な評価を受けた浜口陽三、駒井哲郎。また、日本画家の髙山辰雄、浮世絵の流れを汲む小村雪岱原画による木版画もある。

作家のみならず、モチーフやテーマもバラエティーに富んでいるのが同展の見どころ。


■開催概要

はんが さまざま -館蔵版画名品展2015-

会期: 2015年4月7日(火)~ 6月28日(日)
休館日: 月曜日(月曜日が祝日の場合その翌日)
開館時間: 10:00~17:00(入館は16:30まで)
会場: 資生堂アートハウス
静岡県掛川市下俣751-1



関連企画 「学芸員によるギャラリートーク」
アートハウスの学芸員が、作品の解説を交えながら展覧会を案内する。
 
日 時:
(1)4月23日(木)
(2)4月24日(金)
(3)5月22日(金)
(4)5月23日(土)
(5)6月19日(金)
(6)6月20日(土)
14:00より約30分 
※申し込み不要


■資生堂アートハウス



■和風通信が選ぶ関連書籍

↑このページのトップヘ