和のトレンドをつたえるウェブマガジン

和風通信

タグ:酒蔵

郷酒




「郷酒(さとざけ)」というコンセプトがある。
 


日本酒、焼酎(泡盛、黒糖焼酎含む)は、故郷に生まれ長い歴史の中で故郷の人々に愛されてきた酒であり、文化遺産として現在に受け継がれている。 



日本地酒協同組合は、世界中の人々に酒文化を伝えたいという思いで「郷酒」というコンセプトを作った。故郷の水、その水に育まれた米、原料。そして、故郷の人々と風土により醸された酒。それが「郷酒_SATOZAKE」だ。



このコンセプトにしたがい、日本地酒協同組合と郷酒フェスタ実行委員会は女性向けの利き酒イベント「第3回 郷酒フェスタ for WOMEN 2016 立夏」を、リーガロイヤルグループ都市センターホテル(東京都千代田区)で2016年5月7日(土)に開催する。



郷酒



 
日本酒と「食」とのマリアージュ


 
郷酒フェスタは 「女性のための國酒の祭典 ~ 新しいお酒の遊び方 ~」をテーマとして、健康や美容への効果が期待される酒粕(さけかす)を使用した料理など、日本酒と「食」とのマリアージュを提案する。



酒粕料理は出展する酒蔵で日本酒の醸造工程でできる酒粕を使用して用意される。当日振る舞われる日本酒と同じ水、米、麹から出来ている酒粕を使用するので、酒との相性はぴったりという。



酒粕ディップを添えた野菜スティック
酒粕漬けの牛肉を目の前で焼き上げる鉄板焼き
和食粕漬け3点盛り
酒粕を生地に練りこんだお好み焼き
酒粕の風味がふわっと広がるプリン


など、酒粕に含まれるアミノ酸や米由来の糖分が料理に旨味を引き立てる。


 
他にも和食、寿司、秋田名産いぶりがっこなどの地域特産品、チーズなどの食事(キャッシュオン)も用意される。※食事は300円~1,000円程。 



郷酒




郷酒フェスタ史上最多の32蔵が集結


 
郷酒フェスタ史上最多の32蔵150種類を超える日本酒、焼酎などが集まり、女性に向けて各酒蔵自慢の郷酒を振舞う。



普段東京では飲めない希少価値の高い郷酒をワイングラスに入れて乾杯する。今年できたばかりの酒蔵自慢の新酒やIWC 2015純米酒部門で最高金賞トップトロフィーを受賞した「ナルトタイ 純米 水ト米(ミズトコメ)」の原酒、焼酎、日本酒スパークリング、リキュールを食事と合わせて女性限定で楽しんでもらうそうだ。

 

前回好評だった、参加者の投票で郷酒のNo.1を決める、第2回郷酒大賞を今年も開催。エントリーされた酒はすべて利き酒ができて、大賞に輝いた酒に投票した参加者の中から抽選で郷酒がプレゼントされる。


 
同イベントは二部制を設け、第1部は女性もしくは女性同伴で男性(ペア)の入場が可能。第2部は女性限定だ。各部500名限定で、試飲は2時間半無制限。日本酒初心者から上級者まで十分楽しめるように、各蔵が厳選して女性向けのラインナップを取り揃えている。



また、利き酒をして気に入った酒は、その場で購入することが出来る。様々なシーンで故郷の人々と風土により醸された郷酒を楽しみたい。

 

郷酒
司会の島田律子


 

第3回 郷酒フェスタ FOR WOMEN 2016 立夏

日時
2016年5月7日(土) 500人×2部制
第1部(試飲会)12時30分~15時 500名
第2部(試飲会)16時~18時30分 500名

場所
リーガロイヤルホテルグループ 都市センターホテル 3Fコスモスホール
(東京都千代田区平河町2-4-1)


会費
各部、前売券3,000円、当日券4,000円

定員
1,000人(予定)

郷酒フェスタ公式サイト
http://www.sakefesta.com  
※イベントの概要と申込方法は、上記公式サイトへ。




酒粕(さけかす)とは?


酒造りの工程では、発酵が終了し熟成したモロミをしぼり、酒(液体)と酒粕(固体)とに分離する。


酒をしぼりとられた酒粕には、デンプン・タンパク質・繊維質、発酵中にタンパク質が分解してできたペプチドやアミノ酸、ビタミン、もろみの発酵中に働いた酵母などが含まれており、これらの成分は栄養的にも優れているとされる。また、アルコール分も8パーセントほど含んでいる。

 
月桂冠のウェブサイトによれば、日本酒の副産物である酒粕からは、種々の機能性が見出されている。特に、酒粕を酵素分解して生じたペプチドには、血圧降下作用や肝障害予防効果など、健康と関係する優れた働きが確認されているそうだ。その他にも肥満防止や糖尿病予防、ガンの抑制、脳梗塞予防、骨粗しょう症の予防に効果があると言われている。


美白効果も注目
 
食べることでは、シミ・そばかすの原因のチロシナーゼという酵素の働きを阻止するため、シミやそばかすが薄くなり、美白に効果があるとされている。



ミス日本酒
2016 ミス日本酒「田中沙百合」



全国32蔵、150銘柄が味わえる「利き酒ブース」


日本地酒協同組合に加盟する32酒蔵が全国から集結し、普段東京では飲めない希少価値の高い「郷酒」を中心に楽しめる。今年出来たばかりの酒蔵自慢の新酒やIWC 2015 純米酒部門で最高金賞トップトロフィーを受賞した「ナルトタイ 純米 水ト米(ミズトコメ)」の原酒、焼酎、日本酒スパークリング、リキュールなど約150種類のお酒が2時間半無制限で利き酒出来る。直接造り手の想いや秘話等を聞きながら、酒を楽しむことが出来る。



郷酒フェスタ 銘柄・参加酒蔵一覧

【銘柄名(めいがらめい)】酒蔵名・都道府県順

【国士無双(こくしむそう)】髙砂酒造・北海道

【菊乃井(きくのい)】鳴海醸造店・青森県

【廣喜(ひろき)】廣田酒造店・岩手県

【天の戸(あまのと)】浅舞酒造・秋田県

【栄光冨士(えいこうふじ)】冨士酒造・山形県

【香梅(こうばい)】香坂酒造・山形県

【弥右衛門(やうえもん)】大和川酒造店・福島県

【自然郷(しぜんごう)】大木代吉本店・福島県

【燦爛(さんらん)】外池酒造店・栃木県

【赤城山(あかぎさん)】近藤酒造・群馬県

【晴雲(せいうん)】晴雲酒造・埼玉県

【木戸泉(きどいずみ)】木戸泉酒造・千葉県

【甲子正宗(きのえねまさむね)】飯沼本家・千葉県

【加賀の井(かがのい)】加賀の井酒造・新潟県

【よしのとも】吉乃友酒造・富山県

【白龍(はくりゅう)】吉田酒造・福井県

【白馬錦(はくばにしき)】薄井商店・長野県

【初日の出(はつひので)】羽田酒造・京都府

【鳳鳴(ほうめい)】鳳鳴酒造・兵庫県

【福寿(ふくじゅ)】神戸酒心館・兵庫県

【梅乃宿(うめのやど)】梅乃宿酒造・奈良県

【蒼斗七星(あおとしちせい)】青砥酒造・島根県

【酒一筋(さけひとすじ)】利守酒造・岡山県

【瑞冠(ずいかん)】山岡酒造・広島県

【雁木(がんぎ)】八百新酒造・山口県

【鳴門鯛(なるとたい)】本家松浦酒造場・徳島県

【酒仙栄光(しゅせんえいこう)】栄光酒造・愛媛県

【媛囃子(ひめばやし)】媛囃子・愛媛県 

【豊能梅(とよのうめ)】高木酒造・高知県

【瑞鷹(ずいよう)】瑞鷹・熊本県

【八重桜(やえざくら)】古澤醸造・宮崎県

【喜界島(きかいじま)】喜界島酒造・鹿児島県

出展蔵数は変更となることがある。
 
 

にほんしゅ
出演予定のお笑いコンビ「にほんしゅ」




 

参加者が投票で決める「第2回郷酒大賞」

郷酒大賞は、プロの利き酒審査員ではなく、直接の飲み手である参加者が郷酒を清酒、焼酎、リキュールの各ジャンルから1銘柄を選び、投票で決める、人気投票形式。第1部と第2部の合計により、第2回郷酒大賞を決定する。


飲み物
約150種類以上、郷酒、新酒、スパークリング清酒、梅酒、リキュールなど

フード
酒粕料理(5種類)、チーズ、寿司、地方特産品、スイーツなど

音楽
ピアノ、パーカッション・和太鼓

出演 
漫才師「にほんしゅ」
2016 ミス日本酒「田中沙百合」

学び
第2回郷酒大賞の開催、「モテる大人は酒席美人」セミナー

参加者全員に酒の福袋、抽選券付き即売会


郷酒フェスタ for WOMEN 2016 立夏 公式サイト

公式サイト

Facebook

Twitter
https://twitter.com/sakefesta





■和風通信が選ぶ関連書籍



内容紹介(amazon.co.jpより)
 
2016年、「日本酒」は新たな局面へ! 
本誌では、「次世代スター蔵」との呼び声が高い注目の酒蔵の蔵人たちを取材。
新しい酒造りへの挑戦を追いつつ、水・米・酵母という日本酒の原材料の最前線も紹介します。
「日本酒図鑑」では、ニューウェーブ蔵と実力派蔵、それぞれが生み出す“今"飲むべき注目の銘柄を、
味や香りの特徴、おすすめ温度がひと目でわかる「利き酒メモ」付きでご紹介。
さらに、日本酒の旨さを追い求めるレジェンドたちがいる、極上の名酒場へもご案内。
今いちばん新しい日本酒の世界へようこそ! 

-CONTENTS-
<特集>日本酒ルネサンス! 
・01 次世代スター蔵に聞く 新しい日本酒造り
・02 原材料から学ぶ 新訳・日本酒学
・03 日本酒のプロがいる極上の名酒場
<特集>“今"飲むべき日本酒図鑑
・次世代蔵の14本
・実力派蔵の96本
<小企画>
・プレミアム日本酒の世界
・全国名酒販店ガイド
・保存版・日本酒の基礎知識




 
 

keita_maruyama


ファッションデザイナーの丸山敬太が、新潟の蔵元「菊水酒造」の新制服を制作、監修した。

写真の制服は生産スタッフのもの。「流水紋」をバックにした配色で日本酒をイメージしている。素材はストレッチや撥水加工、防透性、吸汗速乾などの機能を重視したものだという。

「伝統の中で時代感を楽しむ」という丸山のコンセプトが反映されているとのこと。

keita_maruyama


keita_maruyama
keita_maruyama




■菊水酒造株式会社
明治14年創業の新潟県の蔵元。
日本初の缶入り生原酒「ふなぐち菊水一番しぼり」、にごり酒『五郎八』、日常で楽しめる吟醸酒『無冠帝』などの商品を展開。
http://www.kikusui-sake.com



■関連書籍

丸山景観
丸山 敬太
六耀社
2014-08-27


内容紹介(amazon.co.jpより)
「丸山景観」 KEITA MARUYAMA 20周年 全集大成作品集

アートディレクター森本千絵のデザインによる、デザイナー丸山敬太の20年間の軌跡をまとめた豪華作品集。
「KEITA MARUYAMA」ブランドデビュー以来、ミュージシャン、俳優、舞台、映画の衣装製作など、ファッションの分野に留まらず、幅広く活動してきた日本を代表するファッションデザイナー丸山敬太。
大胆で絵画的なプリントや繊細な手仕事など、美しいディテールと日本の四季の美しさを愛する丸山敬太の20年間のクリエイションの数々を、アートディレクター森本千絵の独創的なエディトリアルで一冊にまとめあげた豪華アートブック。
24年間手がけてきたDREAMS COME TRUEのステージ衣装も18ページにわたって紹介。
<丸山敬太×吉田美和×中村正人>のスペシャル対談も収録。

↑このページのトップヘ