2016-09-07_010132000_F05D7_iOS



台風がいくつかすぎると、まもなく季節は秋に…。

鍋や焼き物など、人が集まるときに盛り上がりそうな新しいお酒が登場し、話題になっている。

しそ焼酎「鍛高譚(たんたかたん)」といえば、発売から2017年で25年となる人気ブランド。原料は赤しそで、北海道白糠町の特産の赤しそを仕様している。

2016年9月6日に全国発売となった「鍛高譚R」は「レア、リッチ、ルビー」という「R」を強調したリキュールだ。

赤しその栽培期間中は農薬不使用で栽培されているといい、通常の「鍛高譚」の赤しそ使用量の5倍の赤しそが使われている。

意外なことにこのルビー色は着色料を使っていない。天然の赤しそをふんだんに使うことで発色している。

梅酒などで感じる「クエン酸」では酸味が強いということで、ドライな味わいを出す「フィチン酸」を使用している。





2016-09-07_010125000_B90C7_iOS


「鍛高譚R」にはスパークリングもラインナップされている。

食卓映えしそうなしそのリキュールで、秋の集まりが盛り上がりそうだ。



鍛高譚R 720ml 980円(税別)
鍛高譚Rスパークリング 275ml 298円(税別)


http://www.oenon.jp/tantakatan/


 

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークにて更新しております。通知が多いとお感じになりましたらトークルームでの通知をオフにしてください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数