和のトレンドをつたえるウェブマガジン

和風通信

中尊寺金銀字交書経 藤原清衡願経
中尊寺金銀字交書経藤原清衡願経


1,000万円を超える古書が並ぶ「稀覯(きこう)本」のフェアが開催される。

「稀覯本」とはなかなか手に入りにくい本のこと。世界的にも有数の市場規模と言われる日本の古書業界だが、なかなか普段は入りにくいと感じている人も、古書店、そして古書店員の人たちと話をする新たなチャンスになりそうだ。

数千万円の値がつく日本の稀覯本を直に目にしてみては…。



稀覯本


日本古書籍商協会は2018年3月23日(金)〜25日(日)「ABAJ国際稀覯(きこう)本フェア2018 −日本の古書 世界の古書−」を、東京交通会館展示会場12Fカトレアサロン(東京都千代田区)で開催する。

国際稀覯本フェアは、全41店(国内22店・海外19店)の古書店が出店し、多くの史料や書物を展示・販売する国内唯一の世界的な古書展示販売会。

国内のみならず海外からも出展がある同フェアは、古書展示販売会としては世界有数の規模だ。

書籍、書簡、地図、巻物など様々な商品が展示・販売される。

高野山金剛峯寺所蔵の書経「中尊寺金銀字交書経藤原清衡願経(ちゅうそんじきんぎんじこうしょきょう ふじわらきよひらがんきょう)」(3,780万円)など、実際に目の前で確認出来る。

その他、寛文・延宝時代頃の作品「奈良絵本 曽我物語」(1,800 万円)や、日本でカレーのレシピを最初に紹介した「西洋料理通 正・後編」(55万円)など、歴史的価値の高い和漢洋の稀覯本が大量に蔵出しされる。

会場には古書店員がいるので、希少価値の高い古書に触れるだけでなく、当時の歴史や文化などについても気軽にたずねられる。

入場料は無料。

   
ABAJ 国際稀覯本フェア 2018 −日本の古書 世界の古書− 開催概要
http://www.abaj.gr.jp/special/vol002/index.php

日時:2018 年 3 月 23 日(金)~25 日(日)

23日(金) 13:00~20:00
24日(土) 10:00~18:00
25日(日) 10:00~16:00

場所:東京交通会館展示会場 12F カトレアサロン A・B (東京都千代田区有楽町 2-10-1)

 

主催:ABAJ 日本古書籍商協会
協賛:ILAB 国際古書籍商連盟
入場料:無料


■和風通信が選ぶ関連書籍



内容紹介(amazon.co.jpより)

書物の世界には、多種多様な個性と信条の持ち主が集まる。文学作品の初版本コレクターは最良の一冊を求めて狂奔し、手つかずの美本や、著者の献辞や書き込みの入った手沢本には、驚くべき高値がつく。稀覯本はいかにして生まれ、どのように現在の所有者の許にたどり着いたのか、そしてどれくらいの金が絡んできたのか?
本書は、『ロリータ』『路上』『ハリー・ポッター』など、二十世紀の文学史上にその名を刻む二十冊の傑作の出版史をたどる。そのいずれもが初版本コレクター垂涎の本だ。それぞれの本に“歴史”があり、その著者たちにも悲喜交々のドラマがある。
稀覯本ディーラーであり書誌学者でもある著者が、書籍に関する薀蓄と作家たちの知られざる逸話を披露するエッセイ集。






内容紹介(amazon.co.jpより)

古書店と図書館は、人と街を元気にさせる、知的なスパイスです! 志(こころざし)を持って趣味の本だけを集めた店、見向きもされなかったミニコミを取り揃えた店・・。 ニューウェーブともいえるユニークな古書店が、この日本にぞくぞくと登場しています。 そんな「とっておきの古書店」では、あなたが長年探していた本、若き日の思い出の本がきっと待っています。 またこの国には、ジャンルを絞って資料や文献を網羅した、不思議な図書館も数多くあります。 そこに行けばその世界のすべてがわかる、便利で有益な図書館です。 知的刺激に満ちた、驚きの古書店と専門図書館117を、足で歩いて紹介! 散歩の途中に立ち寄りたい! そんな場所を集めました。




 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しておりますのでお気軽にフォローください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

梅酒と果実酒の専門店から春のたよりが届いた。

 

100種類の梅酒・果実酒が時間無制限で飲み比べし放題の梅酒・果実酒専門店「SHUGAR MARKET(シュガーマーケット)」で、春限定のオリジナルカクテル「お花見カクテル」3種類が登場する。

「SHUGAR MARKET」全店(渋谷・新宿・福岡天神・横浜)では2018年3月1日(木)~4月8日(日)の期間限定で「お花見カクテル」を提供する。

料金は同店の梅酒・果実酒飲み放題プランの料金(3,240円/税込)に含まれる。(※杯売はしていない。)

 

shugar

左奥「春の息吹」手前「花びらいちご」右奥「桜ドッグ」


 

今回同店で提供を開始する3種の「お花見カクテル」は、暖かな春の訪れを表現した同店オリジナルのカクテル。

淡い桜カラーのカクテルは、春が旬のイチゴやベリーをふんだんに使用している。

気になるそれぞれのカクテルの特徴は…!?


■春の息吹

お花見カクテル

甘いベリーと爽やかなレモンの風味がマッチした、春の訪れを感じられる一杯。シュワッとした炭酸入りなので、乾杯にもぴったりだという。


■桜ドッグ

b58f4f43e2
定番カクテル「ソルティドッグ」をアレンジし、ミルクリキュールとグレープフルーツジュースで作ったカクテル。酒粕塩が甘味を引き立てる。
 

■花びらいちご

af56e1b4fc
いちごリキュール、ミルク、バニラアイスと相性抜群の3つを使用したカクテル。いちごがまるで桜の花びらのように見える。


「お花見カクテル」
https://shugar.jp/22058/ 

SHUGAR MARKET
約100種類以上の全国各地の梅酒・果実酒を、時間無制限で自由に飲み比べすることができる、梅酒・果実酒専門店。

自由なスタイルで梅酒・果実酒を楽しみ、地域のおいしさの発見が出来る。
2017年12月29日(金)には、神奈川県に初出店となる「SHUGAR MARKET」横浜店をオープンした。  

SHUGAR MARKET
http://shugar.jp/



■和風通信が選ぶ関連アイテム


・お店で梅酒を楽しんだら、次は…

 

2018年3月29日発売

 

薬膳研究家の山田奈美による、楽しくて暮らしに役立つ「梅しごと」本。カビが生えにくく失敗しない梅干しの作り方はもちろん、梅を使ったかんたんおかずからつくりおきおかず、ごはんや麺類、おつまみ、おやつ、ドリンクまで、おいしくて体にやさしい梅レシピを幅広く紹介。

 

30年以上ウイスキーの貯蔵に使用していた山崎蒸溜所の古樽を焙煎し、梅酒をゆっくりと熟成させた。華やかで深い香りとまろやかな味わい。

 

甘さはひかえめ。ウイスキーづくりの技が育んだ、大人の梅酒。フレッシュな梅酒が、樽の中でゆっくりと熟成することで樽材由来の心地よい木香と焙煎樽ならではの甘やかなバニラ香をまとい、華やかで深い味わいをもつ梅酒に生まれ変わる。

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しておりますのでお気軽にフォローください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

一風堂

株式会社渡辺ハゲ天(東京都中央区銀座3-4-6)は、 2018年3月2日(金) 江戸前天丼と天ぷらに合うラーメンの専門業態「天丼・らぁ麺 ハゲ天」を、 東京都中央区銀座5-6-7 銀座七宝ビル1階に開店する。


新業態開発のきっかけ 創業90年節目の新業態


天ぷら専門店「銀座ハゲ天」は昭和3年創業。今年、創業90周年を迎える。 東京九段に「たから」という屋号で暖簾を上げ、二代目店主・渡辺亘の掲げた言葉「天ぷらのすべて」のもと、季節の素材を取り入れた季節の天ぷらの提案や百貨店での惣菜の販売、目の前で揚げ立てを提供するスタイルの座敷で食べる天ぷらなど、天ぷらに関わる様々な展開を試みてきた。

ハゲ天


銀座ハゲ天が展開する天ぷら店は、1,000円前後で食べられるラーメンや定食などと比べると比較的高客単価だ。創業90周年の節目に、時代の流れに合わせ、 天ぷらの裾野を広げ、よりカジュアルにしたいという思いがあったという。

ハゲ天






天ぷらに合うラーメン  一風堂を展開する力の源グループと共同開発

天ぷらの新たな楽しみ方を提案するために検討する中で、都内のある有名なラーメン店から「お宅の天かすを分けてください」と言われ分けていたことが話題に上った。そもそもスープに油を使うラーメンと天ぷらの相性がいいことは予想がついていたそうで、今までにない「天丼とラーメン」という新しい組み合わせの提案を、創業90年の節目に手掛ける新業態でやってみたい、そんなきっかけで商品開発が始まった。

「天ぷらに合うラーメン」というテーマでラーメンの商品開発には、 博多発祥のラーメン専門店「一風堂」など 世界で13カ国・地域にて店舗展開している「力の源グループ」のコンサルティング部門へ依頼。商品開発だけでなく店舗レイアウト等全体のプロデュースも共同で進めた。試行錯誤の末、 今回の「天丼・らぁ麺 ハゲ天」の商品が完成した。 日本食を代表する「天ぷら=天丼」と「ラーメン」を組み合わせた新業態を今後、日本のみならす、既に「銀座ハゲ天」が進出しているアジアを始めとした海外に向けても、この業態を発信していく。

ハゲ天



概要 店舗名: 天丼・らぁ麺 ハゲ天

住所: 東京都中央区銀座5-6-7 銀座七宝ビル1階

席数:18席

営業時間:11:00~22:00(オーダーストップ)

定休日:無休


天丼の特長は?

創業以来90年培った天ぷらの技術を最大限に生かしている。

天丼のラインナップは、

・天丼〈海老2本、 野菜2品、 魚介1品、 半熟玉子天1個、 味噌汁〉980円(税込)

・天丼(上)〈かき揚げ1個、 海老2本、 野菜2品、 魚介1品、 半熟玉子天1個、 味噌汁〉1230円(税込)

・かき揚げ天丼〈大かき揚げ1個、 野菜1品、 味噌汁〉1080円(税込)

・野菜天丼〈野菜6品、 味噌汁〉850円(税込)

の4ライン。

ごま油と綿実油をブレンドしたハゲ天オリジナルの油で、素材ごとに適した時間で揚げわけるため、胃にもたれないカラッとした仕上がりだという。

 

ラーメンの特長は?

 

博多発祥のラーメン専門店「一風堂」などを手がける「力の源グループ」のコンサル部門と共同で商品開発した。油脂分が少ない浅め豚骨スープに胡麻と魚粉をブレンド、麺は30番極細ストレート麺を合わせ、油ものの天ぷらと一緒に食べてもスルリと胃に収まるさっぱり和風豚骨ラーメンだ。単品のラーメンには、別皿でチャーシュー天、紅生姜天、海苔天を付け合せ、天ぷら屋のラーメンとしてのオリジナリティを持たせている。

・胡麻豚骨らぁ麺 980円(税込)

・胡麻担々麺 1080円(税込)

天丼とラーメンのセット
それぞれの天丼に小サイズのラーメンを付けたセットが用意されている。

・天丼とらぁ麺 1380円(税込)

・天丼(上)とらぁ麺 1630円(税込)

・かき揚げ天丼とらぁ麺 1480円(税込)

・野菜天丼とらぁ麺 1250円(税込) ※セットのラーメンには別皿の天ぷらは付いていない

 

和風通信が見つけた天丼アイテム(amazon.co.jpより) 自宅で天丼を楽しみたくなったら…!?

 

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しておりますのでお気軽にフォローください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

sub5



1994年、法律の改正により、日本第一号の地ビール会社が登場した新潟県。

そんな醸造のさかんな新潟県で「にいがた醸造サミット」が行われる。

2016年、2017年はチケットが即完売したというこのイベントは、新潟県内のワイン、 クラフトビール、 日本酒、 チーズ、 味噌などの発酵食の醸造家が一堂に集結し、 この日限りの特別なこだわりの醸造酒を楽しむもの。

sub4



イベントでは醸造のプロ同士のサミットトークショーがあり「醸造の秘密や深い世界」を学ぶことも出来る。

糀、チーズ、味噌、新潟清酒などをはじめ、ワイナリーなど、他県では見られないほどの様々な「醸造」がそろう新潟。 これら各醸造蔵の「首脳」である造り手が一つの会場に集い、 こだわりの醸造酒を楽しみつつ、醸造の世界の秘密や、 プロ同士が熱く語り合うトークショーが目玉。

「ワンランク上の醸造を味わう」をテーマに2018年2月24日にNEXT21最上階 展望ラウンジ&五十嵐邸 結にて開催する。

sub2





「にいがた醸造サミット」

【プロ同志が熱く語る「醸造サミット」講演スケジュール】
<第一部>ビール×ビール×ビール(新潟のクラフトビールについて)
ゲストスピーカー
新潟麦酒(株) 宇佐美 健
スワンレイクビール 古田 秀衛・古田 利大
発酵の町沼垂ビール 高野 善松

<第二部>日本酒×チーズ(地域の稲作と酪農その美味しさ)
ゲストスピーカー
麒麟山酒造(株) アグリ事業部 伊藤 賢一
ロイアルヒルホルスタインズ 坂井 美幸

<第三部>ワイン×日本酒×ビール(それぞれの造りのちがい酵母のちがいなど)
ゲストスピーカー
カーブドッチワイナリー 掛川 史人
笹祝酒造(株) 笹口 亮介
スワンレイクビール 古田 秀衛・古田 利大

スペシャル企画 
#1「にいがた醸造サミット2018限定 マリアージュアソート」
~それぞれのドリンクに料理一品ずつをマリアージュ~  
日本酒・ワイン・ビール9社それぞれおすすめの一本に対し一品の料理をベストマッチで合わせた9品マリアージュアソートを提供。

完全予約制
(事前に別途専用チケット一人2500円)


main



五十嵐邸 結 
伊藤シェフ スペシャル企画 

#2「ロイアルヒルホルスタインズのしっとり!ジューシーモッツアレラチーズ」 

その場で作る出来立てのしっとりジューシーなモッツアレラチーズが実食出来る。
(フードチケットは前売りか当日受付にて)

スペシャル企画 
#3「原料を知るともっと醸造酒が旨くなる!」  

ワイン・ビール・日本酒などの醸造酒は原料の良し悪しがその品質に大きく影響する。
それぞれの原料について更に深く学ぶコーナー。
原料へのこだわりや製造工程、その製造場にしかない特徴など、造り手の熱い思いと知識を学ぶ。

スペシャル企画 
#4「参加者限定特典 にいがた醸造パスポート」 
製造している醸造元を訪れるチャンスが広がるパスポート。
普段は見学できないところを見られたりする。
このパスポートはにいがた醸造サミット2018に参加した人のみが得られる。

会場
NEXT21 19階 展望ラウンジ & 五十嵐邸 結
新潟市中央区西堀通6番町866

日時
平成30年2月24日(土)

開催時間
第一部11:00~13:00
第二部14:30~16:30
第三部18:00~20:30

定員
第一部80名
第二部80名
第三部100名 

※各部入れ替え制

料金
前売券 
3,000円(第三部のみ3,500円)(税込)

※前売券:サミットトークショー講演料・参加者限定特典にいがた醸造パスポート・オリジナル醸造酒グラス・ドリンクチケット 10枚込み

※前売券は先着260名まで。

※当日券はドリンクチケット9枚。

(当日券は会場受付にて購入出来る)


詳しくは以下へ

にいがた醸造サミット2018 Facebookページ
https://www.facebook.com/jozosummit/


■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しておりますのでお気軽にフォローください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

前田ビバリー



いよいよ2017年も師走を迎え、年末年始の行事の声がきこえるころとなった。

ちょうど一年前、年末の風物詩「酉の市」を前に熊手を作るワークショップについて和風通信は報じた。

11月の風物詩・熊手作り「前田ビバリー」に女子殺到
http://wafutsushin.com/news/2015/11/06/maedabeverly
(2015年11月05日 和風通信)

このワークショップで熊手作りを指導した張り子作家の前田ビバリーは、
2017年は各カルチャーセンターやイベントで張り子作りワークショップの引っ張りだことなった。

そしてそんな活動のなかから作品などを紹介し、張り子の楽しさを伝える著作がついに発行された。


おもしろ張り子
前田ビバリー
グラフィック社
1,620円(税込)




前田の魅力は何と言っても専門家然としていない、等身大の作家としての雰囲気だ。

ワークショップでも参加者と一緒に昔のことを知りながら楽しんでいきたい、というスタンスに満ちている。










そして、先日のイベントではいま稽古中だという三味線と唄の披露もあった。

参加者として、ともに和のおもしろ文化を楽しんでいきたいという前田のキャラクターが伝わるイベントの様子。

2018年もさらに活動を拡げていく前田に注目だ。





■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークには送らず、タイムラインのみで更新しておりますのでお気軽にフォローください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

続きを読む

↑このページのトップヘ