和のトレンドをつたえるウェブマガジン

和風通信

プロ野球セントラル・リーグで、2016年の優勝チームが広島東洋カープとなった。

25年ぶりの優勝ということもあり、ファンの盛り上がりと動揺がおさえきれない様子だ。

今回の結果は本拠地の広島ではなく、東京で優勝が決定されたということで、試合に向かう広島ファンは「広島と東京、どこにいたらよいのか」と悩む姿があったという。

広島 流川
街じゅうでハイタッチ (読者提供)


中学生時代から私設応援団に交わり広島東洋カープに声援を送り続けてきたという大分県在住の42歳の男性は

「(広島にいたらいいのか東京で声援を送ったらいいのか)悩みました。優勝が決まる試合当日の昼まで判断出来ず、とりあえず山陽新幹線に飛び乗りました。やっぱり広島駅の表示を見た時に、なんのあてもないのに降りてしまいました。」

と語る。県内随一の繁華街・流川(広島県広島市)では、見知らぬ人どうしが「ハイタッチ」をして優勝を喜び合う姿があったそうだ。

そんななか、2015年に和風通信で紹介した日本酒「錦鯉」を発売している今代司酒造(新潟県新潟市) が今回の広島東洋カープの優勝を記念して、「錦鯉」購入者の送料を1週間だけ(2016年9月16日まで)無料にするキャンペーンを行っている。


■和風通信過去記事
鯉のぼりの季節に 日本酒「錦鯉」を楽しむ
http://wafutsushin.com/news/2015/04/30/sake

錦鯉



カープ(鯉)にちなみ、人気の日本酒「錦鯉」の送料を今代司酒造が負担するということだ。カープファンのスタッフが同社にいて企画したという。


しばらく25年ぶりの感動の余韻が続きそうだ。


 ■和風通信が選ぶ関連書籍

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークにて更新しております。通知が多いとお感じになりましたらトークルームでの通知をオフにしてください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

三渓園
芝生に座ってのんびり観月


東京ドーム3つが入ってしまうほどの大きさがひろがる日本庭園の三渓園(神奈川県横浜市)は、中秋の名月にあわせて「観月会」という行事を実施する。
 
ライトアップされた三重塔などが秋の宵闇に浮かび上がり、重要文化財・臨春閣を舞台に、日替わりで音楽の演奏も楽しめる。

三渓園
宵闇にひろがるあかりも楽しみ

 
舞台の前の芝生に座ってくつろぎながら、あるいは園内を歩きながら、月と音楽をゆっくり味わえそうだ。

三溪園 観月会
2016年9月15日(木)~9月19日(月・祝)
(中秋の名月9月15日(木)、満月9月17日(土))
18時15分~20時15分
三溪園 内苑・臨春閣(舞台)


三渓園
好天ならこんなシーンも…
 

内容
おもな建造物のライトアップ
外苑 旧燈明寺三重塔・旧燈明寺本堂・観心橋・涵花亭・和船・鶴翔閣
内苑 聴秋閣・亭しゃ・蓮華院竹林

演奏・舞踊
臨春閣(舞台) →鑑賞は屋外から

9月15日(木) 
18:15~20:15 
薩摩琵琶(錦心流中谷派襄水会)

9月16日(金) 
18:20~18:50
19:00~19:30
19:40~20:10
サックス&ピアノ(シャンティドラゴン)

9月17日(土)
18:15~20:15 
雅楽(横浜雅楽会)

9月18日(日)
18:15~20:15 
筝曲(琴美会)

9月19日(月・祝)
18:15~19:00
19:10~20:15 
筝曲(琴アンサンブル香音)

http://www.sankeien.or.jp/news/news678.html 

三渓園
神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
 




 

■和風通信が選ぶ関連書籍


内容紹介(amazon.co.jpより)

やさしい言葉が女性に大人気の宇佐美百合子が詩を寄せた、月のヒーリング写真集です。
キレイな月の写真と勇気をくれる詩に、こころが温かくなります。
人気占い師の章月綾乃先生による、月の解説付き。
人間関係や仕事にお疲れの方に手にとっていただきたい一冊です。

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークにて更新しております。通知が多いとお感じになりましたらトークルームでの通知をオフにしてください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

佐藤果林

佐藤果林

 

日本画の世界というと、「伝統的」「絵の具が高い」「難しそう」といったイメージが先行し、なかなか気軽に楽しめないのではないか、という声をよく聞く。

 

展覧会の企画なども西洋画のものに比べると小規模であったり、企画があったとしても有名日本画家といった名前に引き寄せられる観客が多いのが現状だ。

 

そんななか、日本画家の佐藤果林(かりん)は「私の日本画は、生活を豊かにするものでありたいし、オシャレを楽しむ感覚で楽しんでほしいです。インテリアとか、ファッションとか、そういったものです。」と語る。

 

2016年9月5日(月)から9月30日(金)までSCOPP CAFE(東京都新宿区)で行われている「佐藤果林 個展」では、自身の日本画作品約10点が展示されている。カフェの一部がギャラリーになっていて、会期3日目の平日のランチライムに訪れると、20代女性が誕生日サプライズパーティーをしているわきに佐藤の日本画が自然に並んでいた。

 

佐藤果林
SCOPP CAFEのある日のランチタイム

 

このSCOPP CAFE、ビルの地下にあるカフェの一部をギャラリーにして作家の作品を展示しているのだが、作家からの展示希望は2年待ちだという。佐藤はいま東京藝術大学絵画科日本画専攻4年生。2年生の時から希望を出して展示の日を待ち続けた。

 

2016-09-07_050807000_EB927_iOS
「佐藤果林 個展」で自身の作品とともに


今回の個展で展示されている作品群について、佐藤は「風景と模様 古典とモダン 写実と抽象 対極したものが重なる隙間を探して描いています」と語る。

 

絵のなかに線が見えるが、まず画材を20層にも塗り、すじを作ってタイル表現をしている。立体作品と言ってもいい厚みだ。「物質的に強くしたいという想いからこのような表現をしてみました」と佐藤自身はとらえ、 会場であるカフェの壁や地下という少し圧迫感のある場所に負けない作品の存在感を出した。

 

佐藤果林
佐藤の作品のそばでバースデー会が行われていた

 

迫力ある作品群だが、創作の過程ではソーシャルメディアを介したいまどきな出会いもあった。

 

作品が完成し、佐藤が作品を写真に撮りツイッターにアップしたところ、フォロワーの一人がウェブでプリント和服を受注するサービスなどをしている会社「ゴフクヤサン・ドットコム」(大阪府大阪市) http://sitateyasan.chicappa.jp/gofukuyasan/ に「この絵で浴衣を作りたい」とこっそり依頼。佐藤のもとにサプライズで届くということがあった。

 

佐藤が撮った写真をフォロワーの一人がサービス会社に送ると、1時間後にはプリント浴衣のイメージが出来、佐藤の手元にもほどなくして届いたという。

 

描いたばかりの自分の日本画がソーシャルメディアを通して浴衣になったのだ。

 

佐藤果林
届いてすぐ袖を通した佐藤(本人所蔵写真)

 

ソーシャルメディアを軽やかに駆使し、日本画の伝統を守りつつ新たな風を送る佐藤果林。いま4年生ということで、進路は…?



「藝大の大学院に進みたいと思っています。まさに明日までに卒業制作をどんなテーマにするか決めるところです。もちろん日本画家として活動しますが、これからどんな活動になるか、学科もどこに進むことになるか…うふふ」

 

確固とした画風を持ちながらも、ソーシャルメディアやいまどきの風を感じながら、インテリアやファッションに合った日本画を目指し続ける佐藤。オシャレを楽しむような日本画のそばにはバースデーパーティーが似合い、シチュエーションはカフェがしっくりきて、なにかが起きそうな気配がする。「恋が生まれる日本画」とも言える新しい世界に期待したい。


 
2016-09-07_033015000_41CD6_iOS
会場は新宿のビル地下1階



佐藤果林 個展 
2016年9月5日(月)〜9月30日(金)
SCOPP CAFE
東京都新宿区新宿2-5-11 甲州屋ビルB1F
12:00-24:00(月〜土)
12:00-22:00(日)



佐藤の展示は、このあとグループ展など続く。

KENZAN2016
2016年9月17日(土)〜9月19日(月/祝)
二子玉川 ARENA HALL & SALOON
東京都世田谷区玉川3-17-1
10:00-20:00
10:00-17:00(9月19日)


グループ展 遊美2016
2016年9月20日(火)〜9月25日(日)
Gallery & Space しあん
東京都台東区東上野1-3-2
12:00-18:00
12:00-17:00(9月25日) 


佐藤果林(さとうかりん)
1992年 埼玉県生まれ
2016年 東京藝術大学絵画科日本画専攻4年

佐藤果林ツイッター
https://twitter.com/karin_twi

佐藤果林インスタグラム
https://instagram.com/karinsato.jp/




 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークにて更新しております。通知が多いとお感じになりましたらトークルームでの通知をオフにしてください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

2016-09-07_010132000_F05D7_iOS



台風がいくつかすぎると、まもなく季節は秋に…。

鍋や焼き物など、人が集まるときに盛り上がりそうな新しいお酒が登場し、話題になっている。

しそ焼酎「鍛高譚(たんたかたん)」といえば、発売から2017年で25年となる人気ブランド。原料は赤しそで、北海道白糠町の特産の赤しそを仕様している。

2016年9月6日に全国発売となった「鍛高譚R」は「レア、リッチ、ルビー」という「R」を強調したリキュールだ。

赤しその栽培期間中は農薬不使用で栽培されているといい、通常の「鍛高譚」の赤しそ使用量の5倍の赤しそが使われている。

意外なことにこのルビー色は着色料を使っていない。天然の赤しそをふんだんに使うことで発色している。

梅酒などで感じる「クエン酸」では酸味が強いということで、ドライな味わいを出す「フィチン酸」を使用している。





2016-09-07_010125000_B90C7_iOS


「鍛高譚R」にはスパークリングもラインナップされている。

食卓映えしそうなしそのリキュールで、秋の集まりが盛り上がりそうだ。



鍛高譚R 720ml 980円(税別)
鍛高譚Rスパークリング 275ml 298円(税別)


http://www.oenon.jp/tantakatan/


 

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークにて更新しております。通知が多いとお感じになりましたらトークルームでの通知をオフにしてください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

img_110821_2

 

きゃりーぱみゅぱみゅや青文字系モデルなどを多く抱え、マネジメント&イベント&プロモーション事業などを行うアソビシステム株式会社(東京都渋谷区)が運営する、原宿観光案内所「MOSHI MOSHI BOX(もしもしボックス)」のなかに日本全国各地の逸品を集めた「原宿ニッポン商店」がオープンした。

 

原宿ニッポン商店とは

原宿観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」内にオープンした「原宿ニッポン商店」は、原宿“KAWAII”文化とともに海外へと発信していきたい、「日本」「和」をコンセプトとした商品が集められている。日本文化の魅力の発信と地方創生に向けて、日本の素材・技を“KAWAII”文化とともに世界に広めていくという。

 

「原宿ニッポン商店」のロゴは、多くの企業、商品のロゴを手掛ける書道家の豊口広(とよぐち こう)がデザインした。

 

「原宿ニッポン商店」にはどんなものがあるのか

飲食エリア

日本一の茶の生産量を誇る静岡で茶のおいしさを伝える、おやいづ製茶(静岡県静岡市)がプロデュースするカフェ「雅正庵」(がしょうあん)が「雅正庵原宿カフェ」を東京に初出店した。

地元では行列のできる名店が、楽天のスイーツ部門で1位を獲得し、累計18万個を売り上げた抹茶バウムクーヘン「CHIYOの和」を使ったスペシャル抹茶スイーツ、「夏の和の氷=和氷(わひょう)」を2016年9月末までの2ヶ月間限定で販売する。

 

和氷W抹茶

img_110821_2

 

雅正庵 byおやいづ製茶 メニュー

img_110821_6

 

おやいづ製茶

http://www.oyaizu.co.jp/

 

物販エリア

日本六古窯の一つである滋賀県の信楽焼(株式会社マルイチ奥田陶器)、1889年(明治19年)から続く京都の和小物ブランドの風呂敷や手ぬぐい(荒川株式会社)、海外への土産にもぴったりの日本海の幸のつまみ「おさかなバル」(株式会社ホクチン)などを販売する。

 

信楽焼

img_110821_8

 

和小物

img_110821_7

 

おさかなバル

img_110821_9

 

原宿ニッポン商店

「MOSHI MOSHI BOX 原宿観光案内所」内

東京都渋谷区神宮前 3丁目23-5 Ts ONEビル

営業時間 10:30~19:30

 

原宿観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」について

アソビシステムが展開する「もしもしにっぽんプロジェクト」の一貫として、原宿観光案内所を併設した施設。渋谷区観光協会が、原宿にある商店会などと連携した形で運営する観光案内所を主軸に、もしもしにっぽんがプロデュースするオリジナルの土産ショップの他、外国人・日本人問わず観光客をサポートする機能が充実している。

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています(ヨル11:00頃更新)

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています(夕方6:30頃更新)

(トークにて更新しております。通知が多いとお感じになりましたらトークルームでの通知をオフにしてください)

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数

↑このページのトップヘ