main





お花見シーズンのピークを迎え、花見に欠かせないお酒の調査結果が発表された。


株式会社クロス・マーケティング(東京都新宿区)は、 一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に在住する20歳~69歳の男女を対象に「飲酒・日本酒に関する調査」を実施した。


男女別に見た「最も好きなお酒」では、男性が39.4%、 女性が27.2%でそれぞれ「ビール」がトップとなった。 男性は「焼酎」(11.2%)、 「日本酒」(9.8%)と続き、 女性は「ワイン」(17.2%)、 「サワー、 酎ハイ」(13.4%)と続き、 ビール以下の好みが分かれた。


注目は「日本酒」だ。


日本酒の飲用率では、 「日本酒を飲む」が56.8%、 「日本酒は飲まない」が43.2%でやや日本酒飲用者の方が多い。 「飲んでみたいと思う」と回答した人を性年代別にみると、 20代女性の「飲んでみたいと思う」割合が40.4%と高く、日本酒に興味を持つ層はひろがっていることがわかる。



日本酒 和風通信


「日本酒を飲んでみたいと思う」(株式会社クロス・マーケティング調べ)




輸送環境などの劇的な進化で、全国の日本酒が鮮度の良い状態で飲めるようになっている。


会社をたたんでしまったり、売上が急減している蔵元の話などを取材できくたびにさびしい気分になるが、すこし未来が見えてきたようだ。



■和風通信が選ぶ関連書籍