刀剣傘鞄

 

だんだんと夏に向けて雨の多くなる季節。こんな時期、雨に濡れた長い傘を気楽に収納できる、長い傘専用の鞄「刀剣傘鞄(とうけんかさかばん)」が発売される。これは国産でのもの作りにこだわる株式会社戦国(愛知県名古屋市緑区桶狭間上の山八三九番地 http://sengoku.nagoya)が倉敷帆布を採用して軽くて丈夫な傘鞄に仕上げたもの。

 

2016年6月10日(金)に発売されるのは2種類のデザインだ。「刀剣」(刀剣プリント)と「無刀流」(無地タイプ) 。傘鞄の長さはいずれも90cmで、長い傘がすっぽりと入る。

刀剣傘鞄

刀剣(刀剣プリント)

 

刀剣傘鞄

無刀流(無地タイプ)

 

刀剣傘鞄

傘を鞄におさめるときには、まるで刀を鞘におさめるかのように戦国武将の気分になれる。写真の人は株式会社戦国 代表取締役の美崎栄一郎。

株式会社戦国

美崎は代表取締役総大将という呼称を使用、公の場に登場するときは全て「戦(いくさ)」と考えているそう。美崎自ら採寸してもらい発注した甲冑を着て出陣するこだわりようだ。

 

刀剣傘鞄

刀剣傘鞄の素材は岡山県の倉敷帆布だ。倉敷帆布は綿帆布で日本一の生産量を誇る倉敷市で作られた帆布。帆布は強い糸を織り込んだ丈夫な布を使う。文字通り古くは帆船の帆として使われ、跳び箱や体操のマットにも使われている強い素材が倉敷帆布。傘の先端の金属があたっても破けることがないという。

 

倉敷帆布

 

刀剣傘鞄は、倉敷帆布の直営店バイストンで2016年6月10日(金)から先行販売される。価格はその時に発表されそうだ。順次さまざまな小売店でも展開される。

 

刀剣傘鞄

倉敷帆布の直営店「バイストン」http://www.baistone.jp/shop/index.html

 

刀剣傘鞄を開発した株式会社戦国は、戦国時代にまつわる商品企画・開発・販売をおこなう会社だ。本社は桶狭間上の山八三九番地という場所にあり、商品開発者は「軍師」と呼ばれ、全国各地に点在している。デザイナーやプランナーなど、それぞれが自分の仕事を持ちながら戦国で商品開発に携わっているスタイルだ。戦国の代表を務める美崎は、もともと花王で「アタック」や「ワイドハイタ―」等の商品開発を担当していたといい、戦国世界にこだわる商品開発に注目だ。

 

 

■和風通信はSNSで記事更新をお知らせしています

 

 

 

 

■LINEでも記事更新のお知らせをしています

http://line.me/ti/p/%40psu5812l

友だち追加数